坐骨神経痛の悪化

坐骨神経痛の悪化

坐骨神経痛が悪化すると、横たわっていることしかできず、トイレに行くのですら、誰かの手を借りないといけなくなってしまうことがあります。人によっては、横たわっていても激痛を感じるために、眠ることもできなくなってしまう場合もあるでしょう。

 

強い痛みや痺れ、麻痺などが起こってしまうと、日常生活を送ることさえ難しくなってしまうのです。坐骨神経痛がごく軽度のうちは、ちょっとした違和感くらいにしか思わないことが多いものです。

 

徐々に症状が悪化してきても、休み休みなら動作を行えることが多いため、つい病院に行くのを先延ばししてしまうこともあるかもしれません。でも、仕事などを優先して治療を遅らせると、それだけ症状は悪化していきますし、治療にも時間がかかるようになってしまいます。

 

 

坐骨神経痛の症状が出始めの時に治療していれば、生活習慣を改善したり、湿布や薬物療法、整体に行くくらいで済んでいたものが、症状が悪化してからだと、手術が必要になったり、長期入院するはめになったりするのです。

 

もちろん、症状が悪化すればするほど、痛みや痺れなども酷くなり、不快感を感じることも多くなるでしょう。また、病院との相性も大切です。

 

最初に診察を受けた病院で適切な検査や治療が受けられたらいいのですが、病院によっては安静にしているようにいわれるだけとか、痛みを訴えても痛み止めを処方してくれないということもあるようです。

 

坐骨神経痛の原因は、人によって様々ですから、その原因を突き止め、原因に合った治療を行うことも大切でしょう。

 

 

坐骨神経痛の病院での治療法

坐骨神経痛の治療は、その原因によっても変わってきます。原因が明らかな時は、その原因を取り除くことが根本的な治療に繋がりますが、原因が分からない時や、原因を取り除けない時は対症療法になります。ここでは、様々な治療法のうち、病院における治療法を紹介します。

 

病院での治療法
【日常生活の指導】
急激に発症する腰椎椎間板ヘルニアの場合、まずは安静が治療の原則です。高齢者の変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症などの場合には、コルセットをオーダーメイドすることもあります。正しい姿勢で、身体・特に腰部に負担をかけないように指導を行います。

 

【薬物治療】
辛い痛みや痺れを抑えるために、非ステロイド性消炎鎮痛剤の飲み薬や座薬が使われます。腰脊柱管狭窄症では、神経組織内での血流障害が痛みの原因と考えられており、血液の循環を改善する薬が処方されることもあります。薬物治療を長期にわたって続けると、副作用で胃腸障害や心臓疾患を引き起こすことにも繋がるため、あまり漫然と続けてはいけません。

 

【理学療法】
温熱治療として、ホットパックや極超短波などが用いられます。腰痛がある時には、牽引治療もよく用いられます。

 

【ブロック注射】
ブロック注射には様々な種類がありますが、最も効果的で即効性があると考えられているのは『選択的神経根ブロック』です。この選択的神経根ブロックは、痛みの治療としてだけでなく、疼痛の再現性を確認することにより、診断方法の一つとして用いられています。
ブロック直後は、ほとんどの場合痛みが消えるような効果的な方法ですが、穿刺時の痛みが強く、神経根損傷の可能性もあるため、漫然と繰り返すことはできません。
一度のブロックで数ヶ月以上の効果が得られる場合や、そのまま再発もなく完治する場合もあります。一方で、約1時間程度の効果が得られない場合もあります。