坐骨神経痛の種類

坐骨神経痛の種類

坐骨神経痛は、いくつかの種類に分けられますが、急性の坐骨神経痛でよく見られるものとして、梨状筋性坐骨神経痛があります。梨状筋という筋肉が収縮や緊張を繰り返し行うことで坐骨神経を圧迫し、しびれや痛みを伴います。

 

急性の坐骨神経痛は、比較的治りやすいと言われていて、立ち仕事などで無理な体勢や同じ体勢を長時間とっていた時や外部から刺激を受けた時に発症します。

 

次に、慢性の坐骨神経痛についてです。慢性の場合、急性の時に起こったような痛みやしびれが和らいでくるのが特徴です。症状が和らいできたからといって無理な動作などをしてしまうと、また症状が逆戻りします。

 

慢性的な坐骨神経痛かどうか見分けるために、いくつか確認してみてください。

 

・ビリッと電流が走るような激しい痛みが以前より減っていませんか?
・決まった動作によって生じていた長い時間続くような激しい痛みが、短い時間に一瞬だけ感じるような痛みに変わってないですか?
・歩けなかったり、座れなかったりするほどの足や腰の痛み・しびれが軽減されてきていませんか?

 

上記のような条件にあてはまれば、坐骨神経痛が慢性化している可能性があります。

 

症状が治まってきたと勘違いしがちなのですが、この時点で油断して以前のような負担をかけたり、治療を中断したりすると、また激しい痛みを感じることになるでしょう。

 

坐骨神経痛が慢性的になってしまっても、きちんと適切な治療を行っていれば、徐々によくなっていくはずです。

 

 

坐骨神経痛に関わる主な疾患

椎間板ヘルニア
椎間板は背骨を構成している椎骨の間にあり、体への衝撃を吸収するという重要な役割があります。椎間板は弾力性はありますが、負荷によってはみだしてしまうことがあります。この時、神経が刺激されると、坐骨神経の通っている範囲に症状が出ます。

 

脊柱管狭窄症
神経が通っている背中の中央にあるトンネルが、老化などによって狭くなってしまうことで症状が出ます。長時間歩いていると、腰の痛み・足の方へ痛みやしびれ・つっぱり感が出るようになり、休憩を入れなければ足が前に出なくなることもあります。また頚椎の部分が誘引の場合もあり、腕に症状が出ることもあります。

 

腰椎の分裂・すべり症
腰椎の分離症は、腰の骨のある部分が切れてしまうことでレントゲンで確認することができます。分離しているからといって、必ずしも腰痛などの症状があるとは限りません。しかし問題なのは、この部分が不安定になった場合で、分離した状態では切れた部分から骨が前方へズレるようにすべってしまい、神経が刺激されることによって坐骨神経痛や脊柱管狭窄症の症状をおこすことになります。

 

梨状筋症候群
梨状筋(りじょうきん)は臀部にある筋肉で、スポーツや仕事などで腰や股関節などに負担がかかり続けると、坐骨神経を圧迫して坐骨神経痛の症状が現れます。

 

腫瘍
背骨に癌が転移した場合や、年齢に関係なく脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍などが挙げられ、腫瘍性の病変で坐骨神経痛を発症する場合は、痛みが非常に強く保存的治療で治りにくいのが特徴です。

 

カルシウム不足によるもの
人間に体は副甲状腺ホルモンの働きを使って骨からカルシウムを取り出し、血液中のカルシウム濃度を維持しようとします。この時、筋肉細胞中のカルシウムイオン濃度のバランスが崩れ筋肉の異常収縮・異常緊張がおこります。慢性的な異常緊張は、骨格筋周辺の末梢神経を圧迫して傷つけ、肩こり・腰痛・坐骨神経痛の原因を作ります。