椎間板ヘルニアが原因の坐骨神経痛

椎間板ヘルニアが原因の坐骨神経痛

椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛は、ヘルニアの場所によって痛みの出る場所や感じ方に違いがあります。
以前は、痛みやしびれの状態から、逆にヘルニアの場所を推測するといった診断も行われていました。
しかし最近は、MRIの画像診断などによって椎間板ヘルニアの位置が正確にわかるようになり、坐骨神経痛との関連についても解明が進んでいます。

 

そこで、ヘルニアの場所ごとに、痛み方の特徴をまとめてみました。

 

・ヘルニアが腰椎の上部(腰椎の2番、3番)に出た場合…突出した椎間板が大腿神経を刺激・圧迫して、大腿部の前面から膝にかけて痛みやしびれが出ます。
この痛みやしびれは、厳密な意味での坐骨神経痛ではありません。

 

・ヘルニアが腰椎の中部(腰椎の3番、4番)に出た場合…突出した椎間板が大腿部の側面を通る神経を圧迫して、太ももの側面に痛みが出て、脚全体にしびれを感じます。
腰よりも下肢に痛みが集中する場合、坐骨神経痛と判断しにくい場合があります。

 

・ヘルニアが腰椎の下部(腰椎の4番、5番)に出た場合…突出した椎間板が坐骨神経に刺激と圧迫を与えて、太ももの裏側から、脚のすね、くるぶしの内側に痛みとしびれを感じます。
この症状が、まさに坐骨神経痛です。

 

なお、痛みやしびれは両脚に同じように出るのではなく、一方が軽い、あるいは一方にはまったく出ない場合もあります。

 

また、坐骨神経痛が椎間板ヘルニアだけによるものかどうかの判断は、さらに慎重に行う必要があります。
椎間板ヘルニアの治療によって坐骨神経痛のつらい痛みが軽減されない場合には、神経内科や婦人科の診察も受けるとよいでしょう。

 

 

坐骨神経痛を起こす病気

坐骨神経痛は多くの場合、椎間板ヘルニアなどの病気によって坐骨神経が刺激・圧迫されて起こります。
そのため、坐骨神経痛のつらさを軽減するには、症状の元となる病気を治療する必要があります。
そこで、坐骨神経痛を起こす原因となる病気について、まとめてご説明しましょう。

 

椎間板ヘルニア…椎骨の間にある椎間板が突出して、近くの神経が圧迫され、強い痛みが出ます。
梨状筋症候群…臀部の奥にある梨状筋の伸縮によって神経が圧迫され、下肢に痛みとしびれが出ます。
脊柱管狭窄症…脊髄が通る脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されて痛みが出ます。
腰椎すべり症…脊椎の腰部分にあたる腰椎骨が、本来の緩いカーブからずれることによって神経が圧迫され、痛みやしびれが出ます。
腰椎すべり症は、椎体と椎弓という骨で構成される腰椎が、疲労骨折などによって分離してしまう状態から発展して起こる場合があります。
腫瘍…悪性か良性かにかかわらず、脊髄や骨盤などにできた腫瘍によって神経が圧迫されると、痛みやしびれが出ます。

 

このほか、帯状疱疹などのウィルス感染症やアレルギー性の病気に関連して坐骨神経痛が起こることがあります。

 

また、病気ではありませんが、ぎっくり腰が引き金となって坐骨神経痛が出たり、妊娠・出産時にかかった腰椎や骨盤への負担が坐骨神経に影響を及ぼして坐骨神経痛が出ることがあります。

 

そして、慢性期の坐骨神経痛の場合は、自律神経失調症やストレス、ホルモンのアンバランスなどとの関連もあると考えられています。