坐骨神経について

坐骨神経について

腰痛に悩む人が何人か集まると「坐骨神経痛」という言葉がよく出ます。
けれども、その坐骨神経とはどのような神経なのか、よくわかっていない人も多いようです。
そこで、坐骨神経についてまとめてご説明しましょう。

 

坐骨神経とは、仙骨神経叢(そう)のうちの1本で、人体のなかで最も太くて最も長い末梢神経です。
腰椎の4番・5番の神経と1番から3番の仙骨の前面から出る神経の束が合わさる部分を始点として、梨状筋の下側から骨盤を抜けて、大腿の後ろ側に出て下半身へと通っています。

 

そして、膝の近くで脛の側とふくらはぎ側に分かれ、一方は足の甲を通り、もう一方はかかとから足の裏を通って足先で終点となります。
途中、膝や足首の関節では神経枝が延びていて、脳から発せられて脊髄を通る指令が関節周辺の筋肉に届くようになっています。
そのため、坐骨神経痛が出ると、その痛みは坐骨神経を伝って臀部から下肢へと広がります。

 

また、坐骨神経は皮膚の表面に近い場所を走り、下半身の広い範囲の皮膚の知覚・感覚をつかさどっています。
そのため、皮膚にピリピリとした痛みを感じて病院へ行った結果、坐骨神経痛と診断される場合もあります。
坐骨神経は、脳からの指令伝達のほか、運動の制御という役割も果たしています。

 

例えば、座ったり立ったり、歩いたり走ったりという日常の動きや運動で、転倒しないようにバランスをとりながら滑らかな動きができるようにするのも、坐骨神経の役割の一つです。
そのため、坐骨神経痛の影響で脚力が弱まったり、左右の脚の動きに差が出たりすることもあります。

 

 

坐骨神経痛とは、坐骨神経が何らかの原因によって刺激や圧迫を受けて生じる痛みのことで、頭痛や腹痛と同様に病名ではありません。
坐骨神経痛は、その原因によって次の3種類に分けられています。
・根性坐骨神経痛(腰椎性坐骨神経痛)…主に椎間板ヘルニアによって坐骨神経の根元が圧迫されて発症します。

 

・梨状筋性坐骨神経痛…梨状筋が緊張と収縮を繰り返すことで坐骨神経が圧迫されて発症します。
・症候性坐骨神経痛…神経の圧迫ではない原因が考えられるものの、その特定が難しいために治療が困難とされています。
そして、坐骨神経痛の具体症状には、次のようなものがあります。

 

(1)痛みやしびれ
・横になって体を楽にしていても、痛みとしびれを感じる。
・せきやくしゃみをすると、腰から足の先まで激痛が走る。

 

(2)脚の筋力低下やまひ
・まっすぐな姿勢で立っていられない。
・脚に体重をかけると激しい痛みを感じる。
・前にかがめなくなり、床の物が拾えない。

 

(3)歩行障害
・左右の足を一定のリズムで前に出して進むことができない。
・直立では歩くことができず、前かがみでゆっくりとしか進めない。
このほか、知覚の鈍りや腱反射異常なども、坐骨神経痛の診断要素となっています。

 

さらに、坐骨神経痛性側弯というものもあります。

 

痛みの強く出ているほうをかばうために片方の脚に重心が傾くクセがついてしまうことで、体が左右のどちらかに曲がってしまうこともあります。