坐骨神経痛の治療法

坐骨神経痛の治療法

病院で坐骨神経痛を治す時の治療法としては、まず、薬物治療があげられます。辛い痛みを抑えるために、非ステロイド性の消炎鎮痛剤の飲み薬、もしくは、座薬を処方されるでしょう。

 

あまり長期間、このような薬を服用していると、胃腸機能や肝臓・腎臓機能に副作用を引き起こす原因にもなりかねませんが、医師の話をよく聞き、いわれた通りに服用していれば安全だと思います。

 

その他にも、ホットパックや極超短波などを使って温熱治療を行うこともあります。これは血行促進を目的とした治療になり、温めることで痛みを和らげる効果が期待できます。

 

また、最も効果的で即効性があると言われているのが、ブロック注射です。ブロック注射には様々な種類がありますが、坐骨神経痛の治療に用いられるのは、選択的神経根ブロックでしょう。痛みを再度確認し、診断を行うためにも使われている注射です。

 

即効性はありますが、神経を傷つけてしまう可能性があったり、注射をする際に痛みを伴うなどというリスクもあります。一度のブロック注射で、即痛みが消えるほど効果的です。

 

ただ、一回の注射で1ヶ月以上痛みが再度起こらないという人もいれば、1時間しか痛みのない状態を保つことが出来ない人もいるようです。もちろん、ブロック注射を続けて完治した人もいます。病院では、絶対安静のためにコルセットをすすめることがあります。

 

コルセットを巻くことにより、腹圧を上昇させ、腰椎を安定させるのです。コルセットは体に合わない物を使っていると、悪化をまねく原因にもなるので、医師に相談してから購入してください。

 

 

坐骨神経痛の家庭での治療法

坐骨神経痛の原因は様々で、その症状も人によって様々です。病院での治療は、原因や症状に合わせて対症療法を行うことが多いのですが、やはり大切なのは、日々、患部をきちんと労わることです。ここでは、家庭のおける坐骨神経痛の治療法・ケアの仕方を紹介します。

 

家庭での治療法
【冷えを防ぐ】
坐骨神経痛になってしまう原因は、腰・下肢の冷えが多いため、まずは日常的に下半身を冷やさないようにする必要があります。露出の多い服装は良くないですし、夏でも靴下を履くようにしましょう。

 

【天候に気をつける】
神経痛は湿気と寒さを好むので、季節と気圧の変化も症状に影響します。天気の悪い日や寒い日、冬は症状が悪化しやすいので、特に気をつけましょう。

 

【正しい姿勢をとる】
坐骨神経痛を軽減させるためには、正しい姿勢で腰に負担をかけないことが大切です。畳や床に座る時は、正座を崩す横座りや両足を両側に崩す座り方、両膝を立てて座る体育座りを避けましょう。一番良いのは普通の正座ですが、長時間正座をするのが辛い人は、座椅子を使って足を投げ出すか、あぐらをかいて座るようにしましょう。

 

椅子に腰掛けるときも足を組まずに、体重を両尻に均等にかけるように注意して座りましょう。中腰や、変な体勢で力むことも避けましょう。

 

柔らかいベッドは、腰が沈み込んでしまうのであまりオススメできません。腰が沈み込む柔らかいベッドはなるべく避け、痛い方を上にして横になって寝るようにし、身体を丸めるエビ型の姿勢で就寝しましょう。

 

【肥満に注意】
高いヒールや、硬い靴底の靴は、腰に負担をかけますので避けましょう。特に体重が増加すると、テキメンに腰の負担が増えるので、食事や運動には注意してください。今太っている方は、ダイエットに取り組みましょう。