坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経痛と称されるものは、座骨神経が圧迫されてしまい痛みを感じることを言い、おしりから太腿の裏側あたりに痛みが生じます。座骨神経はおしりから足先にまで広がる重要な神経ですが、この長さがあるために痛みが広い範囲に及ぶというのが辛いところです。症状が重篤になると、痺れが足の下のほうまで認められるようになりますし、指の先まで痺れが生じることもあるのです。天候がどうなのかで、症状の発生のしかたが違ってきて、いつまでも症状が長引くようです。ぎっくり腰や椎間板ヘルニアといった病気のように、急激な激しい痛みを伴うものではありませんが、これにより治療に着手するのが遅くなるケースもあります。それほど強くない痛みなので、あえて病院で診察してもらわなくても支障はないと決め付けている人も相当いるのです。痛みや痺れも、決まった動作をした際に見られることがほとんどなので、その動きをしないように過ごそうとして治療をしない人もいるようです。坐骨神経痛に対する治療を行わずに暮らしをしていくことで、かえって症状を悪くさせる場合もあります。坐骨神経痛は、姿勢を変えずにいる時間が長いことが仇となり認められやすくなる症状で、高齢者特有のトラブルではありません。股関節や骨盤などに歪みといった異常が起こると、筋肉へと負担をかけることとなって、筋肉が腫れ上がってしまいます。腫れた筋肉は、坐骨神経に負担をかけ、痛みが生じます。増加する疲れや歪みといったものから坐骨神経痛というのは出てくるのですが、症状は突然出てくるのです。症状が現れるまでの時間には個人差がありますが、自分とは無縁のことと決め付けないで、普段の姿勢に注意しましょう。

 

坐骨神経痛というものは、ぎっくり腰や椎間板ヘルニアと同様に、治療が求められるものです。坐骨神経痛の症状が引き起こされる範囲は広いので、各々の箇所によって数々の症状が生じます。腰やおしり付近に起こる痛みがもっとも多い症状とされていますが、太腿、足、足の指先にまで痛みや痺れが引き起こされる場合も多くあります。痛みは24時間続くわけではなく、身体を動かしたことで痛みを自覚し、痛みを発生させる動作は人によって違っています。限られた姿勢をとると痛みを自覚する人もいますし、痛みだけでなく痺れを招く人もいます。重度の人ですと、痛みがひどくて歩くことが辛くなりますし、足に力を入れるのが困難となり歩行が難しくなることもあります。坐骨神経痛は、身体の歪みなどのせいで一部分の筋肉に負荷がかかってしまうことが原因と指摘されています。そのようなわけで、足の筋肉に注目してみると、右側の足と左側の足で筋肉のつき具合に差が出ていることもあります。こうした筋肉の大きさの傾きも坐骨神経痛で出てくる症状の一種だと認められています。坐骨神経痛の特異性として、痛み以外に痺れを挙げることができますが、そうした症状以外にも見受けられる症状があります。熱が出てくるような症状もありますし、それとは異なり冷え性のように冷えることもあります。筋肉痛を生じたときのように、足が引きつった感じを覚えることもありますので、どうしても状態が良くならない人は、一回専門の医師に診てもらったほうが良いでしょう。坐骨神経痛は片方に症状が出るのが特徴ですが、もしも右にも左にも症状が生じている場合には早期に診てもらい、適正な治療を始めましょう。

 

坐骨神経痛に関しては、多くの症状が見られますので、自分自身がそうなのか断言するのはそうあっさりとはいかないと言われています。坐骨神経痛を示す症状はいくつかあるので、判断基準を参考に自分に当てはまるかどうかをチェックしましょう。坐骨神経痛と繋がりがないのではないかと認識されるものも中にはありますが、足の先からお尻まで坐骨神経は通っていますのでそのような症状が生じるのです。お尻から足に痛みが伴う・背中の痛みが引き起こされたことがある・腰の辺りに継続する痛みがある・便秘の症状が続いているといったことはあるでしょうか?以上のようなことは何気なく暮らしていても経験することですが、当てはまれば坐骨神経痛を疑わざるを得ません。この他、ある特定の動作を実行したときに痛みが起こることがありますが、これも確認すべきことです。重量のあるものを持ったとき、お尻部分が痛くなった記憶はないでしょうか?長い間座ったままだったり立ったままだったりすると腰痛の症状が引き起こされたり、長い間歩いているとその後に背中や腰部分に痛みが出てきたということはないですか?就寝中に腰や背中の痛みが気になり、姿勢を変えた経験はないですか?この他、起床時に腰や背中に痛みが生じることはありませんか?咳やくしゃみをしたときに、腰や背中に痛みが走ったり、体に疲れが蓄積してくると足に激痛が起こったりしないでしょうか?こういったチェック項目に目を通すと、坐骨神経痛で発生する症状は、どのような人でも記憶がある不快感や痛みだと実感できるでしょう。長年不快感が続いているにも関わらず、専門医に相談してこなかったという人は、診察を受けることが望ましいでしょう。

 

坐骨神経痛は、誤りのない診断と治療を実施することで、早く楽になることができます。坐骨神経痛によってあらわれる症状は多岐にわたりますが、なんらかの症状が見られた場合は自分だけで判断しないで、専門の医師に診てもらいましょう。同じような症状が見られる重大な病が隠れていることがあるので、自分で勝手に決め付けるのはやめましょう。坐骨神経痛は、招いてからどれぐらい時間が経っているかで急性期か慢性期かを判断し、それにより治療のやり方が変わってきます。発症後48時間以内のタイミングで、炎症が見られるのであれば急性期と判断されます。急性期であれば、炎症を弱めるためのアイシングが必要とされ、炎症が出ている部分を冷やすと同時に休ませます。腰痛があらわれると腰を温める人が多数いますが、炎症が見られるときに温めてしまうと良くなりませんので、間違った対処は避けましょう。急性期は痛みが生じていないので、同じ姿勢を長時間続けないよう注意したり、腰をひねらないよう注意して生活するようにします。48時間以上の時間が経過して、炎症が沈静化してきた頃を慢性期といい、この時期に入ると血液の流れを促す治療が実行されます。超音波などの電気治療が実施されるとともに、ホットパックを用いた温熱療法が選ばれます。神経根ブロック注射を打たれるケースもありますし、牽引治療が行われることも少なくありません。ヘルニアなどからくる坐骨神経痛ですと、手術を余儀なくされるケースもあります。症状が発生していないときは、腰にある筋肉を鍛えるためのエクササイズを実施することが、症状を招かないための効果的な対策になります。

 

坐骨神経痛は、自分で予防できますし、症状を抑えることも自分で行えます。痛みが出てくるほどの症状になる以前に、坐骨神経痛を防ぐような生活を普段から心がけることが不可欠です。それには、背中の筋肉、腹筋、骨盤周辺の筋肉、お尻の筋肉を強くする運動に取り組まなくてはいけません。上を向きながら寝転がりひざを曲げて、腕を伸ばしたままおへそを見るように上体を起こします。胸の前に腕を交差させてまた同様に上半身を起こしていったり、頭の後ろ側に手を当てて上体を起こしていったりします。それに加えて、左右にひねりを加えれば、お腹の横側にある筋肉も鍛えていくことができます。背中の筋肉をトレーニングするには、うつぶせの姿勢になりそこから腰から上を起こしていきます。おしり部分にある筋肉を鍛えるためには、うつぶせになって足を上に上げていきますが、そのときに誰かの手を借りて上から押さえてもらうといいでしょう。寝転がった状態で上になった足を上げる際も、ほかの人に太腿を押さえるなどの負荷をつけてもらいながら行います。いすに座った体勢でひざを上げる運動や、ひざ下を高く上げる際にも同じように負荷をつけます。脚を上げたり下げたりする動作は、大腿部の筋肉・脊柱起立筋・大腰筋・腸骨筋などを鍛えることができます。こういった運動をやめないことにより、身体の歪みが改善されますし、背骨や腰骨にダメージがもたらされなくなります。それから、骨盤周りや腰周りの筋肉が柔らかくなれば、坐骨神経痛が発生しにくい身体が作れます。坐骨神経痛を防ぐ運動は、適度の強度で行わなければならず、必要以上に強度を上げたりしないように注意が要るでしょう。

 

坐骨神経痛の治療は整形外科医院に限定せず受けることが可能であり、整体院や接骨院、鍼灸院やカイロプラクティックなどがあります。坐骨神経痛を完全に治すには、専門医によるきちんとした治療が欠かせません。整形外科の他でも、坐骨神経痛が生じる仕組みをちゃんと認識して、これに相応しい治療方法なら症状を良くすることができます。鍼灸院では、坐骨神経痛にいいと言われるツボにはり治療を行って、痛みや不快感を取り去ってくれます。症状の元となる大腰筋やおしりにある梨状筋に生じている緊張を取り除いて、血流を良くしてくれるので痛みがなくなります。整体院での治療は、身体の歪みを正し、バランスに優れた身体に調整してくれます。骨格・関節・筋肉などに出ている歪みを緩和させることで、坐骨神経痛を招くコリが和らぎ、痛みに苦しめられなくなります。整体というものは、アメリカが発祥のカイロプラクティックが日本で独自に発展していったもので、確実に効き目があると伝えられています。接骨院というのは、アスリートのリハビリなどで浸透していますが、坐骨神経痛の治療でも注目されています。関節の動く幅を広げて血行を促進させ、痛みが生じている筋肉や炎症部分を治す効果が得られるのです。最後に、カイロプラクティックによる治療法ですが、これは坐骨神経痛に効果的な治療であると知られています。骨盤矯正など身体の歪みを正すことが主体で、それにより最初から持ち合わせている免疫力を高くするのが狙いです。自然治癒力や免疫力を良くして、身体の変化を感じやすい身体に仕上げるのです。

 

 

坐骨神経痛にはウォーキングがいいと思われていますが、ただ歩けば良いというのは正しくありません。的確なウォーキングを実践しなければ、重篤化してしまう可能性もあるので、用心しなくてはいけません。腰が痛くなって整形外科で診てもらうと、ウォーキングをすると良いと助言されたりしますが、それにはきちんとしたわけがあります。ウォーキングには、筋肉を鍛錬する作用がありますし、運動不足を解消してくれます。加えて、気持ちよく歩くことで、心も身体も調子が良くなり、ストレスが軽減します。坐骨神経痛は、骨格などに引き起こされた歪みや筋肉の衰えだけに限らず、ストレスによっても発症するので、ウォーキングで心が健やかになることは非常に良いのです。ウォーキングは足腰だけでなく、身体全部の筋肉に影響を及ぼす運動なので、身体全体を鍛えることができる優れた運動と言えます。問題が起こらないウォーキングを行うためには、始める前にストレッチなどの準備運動が大事になります。おろそかにしてしまうのがウォーキング終了後のケアで、自宅に戻ったらウォーキングで使った筋肉に対してマッサージを行い、クールダウンさせることが必須となります。こうしたケアをきちんと行うことで、筋肉の緊張を緩和することができますし、疲れを取り除くことができます。ストレッチも負担がかかりすぎないように注意して、痛みを伴わないぐらいでやりましょう。坐骨神経痛にならないように筋肉を鍛えるのは大切ですが、長い距離にいきなり挑戦するのではなく、ちょっとずつ距離を長くするのが好ましいでしょう。

 

水中ウォーキングというのは、陸上でのウォーキングと同様に坐骨神経痛に優れた効果を発揮する運動だと考えられています。地面を歩く通常のウォーキングと比較して、重力がかからない環境なので腰椎に与える刺激もなく全身を動かすことができるのです。水の中を歩行すると、腰に負担がもたらされずに、それほど気にならず水の抵抗によって筋肉を鍛えあげることができますので、年齢に関わらず実施することができます。水の抵抗があるほうがもっと効き目があるとして、しばしば早く歩いて抵抗を強めようとする人もいるようです。水の抵抗が強力になるとかなりの運動量になることはなりますが、腰が痛くなる可能性もありますので、身体の負担にならない程度で行いましょう。水中ウォーキングの際は、背筋が反りすぎないように姿勢に注意を払いながら、少し遅いくらいの速度で歩く必要があります。歩幅を広くとろうとする人がいるのですが、姿勢の悪化に繋がるので、いつもの歩幅を維持するようにしましょう。自分では抵抗がないように感じても、坐骨神経痛予防には十分なので、継続することが大切です。予想以上に身体を使うのが水中ウォーキングですから、実践する時間にも注意を払うことが欠かせません。坐骨神経痛の症状を緩和させたり、あらかじめ避けるために取り組むので、必要以上にトレーニングすることはありません。水中では楽に動いているように思えても、筋肉に関しては十分に使っている運動なので、まず初めは10分程度にしておくと良いでしょう。時間をかけて運動量を増加させていって、およそ30分歩けるようになるのを目標にしましょう。水中ウォーキングに関しては、健康的な体にするためにも有効なものなので、坐骨神経痛でなくても試してみてはいかがでしょうか?

 

 

坐骨神経痛の要因として、長時間同じ姿勢で過ごすことが挙げられます。一定の姿勢でずっといると、同様の部分にずっと負担が集中するため、坐骨神経痛を患ってしまいます。ここで取り上げる姿勢というのは、乱れた姿勢だけというのではなく、正確な姿勢をしていても同じだと解釈します。良い姿勢のときにも、長時間とっていれば、腰が負担を受けてしまうからです。坐骨神経痛を未然に防止するためには、同じ姿勢を続けないように気をつけながら生活することが大切です。腰に負担が少ない椅子に腰掛けることが理想的ですが、床にかかとが着くという条件を満たしているものが良いでしょう。さらに、背筋を伸ばすことを意識して、どんな姿勢でも一定時間を過ぎたら休むようにすることが重要です。指標としては60分を過ぎない形となります。あと、休憩しているときには、腰や背中を伸ばすストレッチなどを実践するようにします。それから、いつもの生活から腰に負荷をかけないように気をつけて、坐骨神経痛を予防していきましょう。何点か挙げると、立った姿勢のまま前にかがみものを持ち上げていく動作・椅子に座った状態で床にある荷物を持ち上げる・腰にひねりを加えた状態で少し遠くにあるものを取るなどが挙げられます。こういったことは、日常生活において頻繁に行ってしまうものですが、腰への刺激が大きいものになりますので避けましょう。就寝中の姿勢も要注意で、腰痛に負担がかからないよう寝る場合は、仰向けの状態がベストだとされています。横向きの形で寝る人がけっこういますが、腰に対する負担が多くなるので、極力上を向くようにして就寝しましょう。

 

坐骨神経痛は、腰などに相当な負担が及ぶことでなってしまいますが、それを解消するためにはいろいろな手段があります。坐骨神経痛対策でよく知られているのが、下肢の筋肉、背中の筋肉、骨盤周辺、腰周辺といった場所を鍛えることを目的としたエクササイズです。けれど、何よりシンプルな坐骨神経痛対策は、体重を減らすことなのです。短期間に太って、腰痛になった経験はないでしょうか?腰への負担をなくしたいのであれば、シンプルに体重を軽くすればいいのです。減量によって得られるメリットは様々で、坐骨神経痛に限らず、椎間板ヘルニアの恐れも低減されます。それと、身体が絞られることによって、運動に適した身体になったり、エクササイズする意欲が出てきます。運動する回数が増えれば、筋肉を鍛えることに繋がるので、もっと引き締まった身体になるはずです。この他、生活習慣病に陥りづらくなりますし、心肺にかかる負担が少なくなるので、体重を軽くするとかなり自分にとってプラスとなります。体重を絞ることが、これ以外の暮らしに好ましい影響を与えて、さらにいい結果を導くといった好循環となるのです。身体が絞られれば、エクササイズやウォーキングを代表とする運動も苦痛ではなくなるでしょう。心身が健やかな状態となれば、ストレスも蓄積されなくなり、坐骨神経痛に陥りにくくなります。前より太ってしまい、腰痛などといった坐骨神経痛のサインが現れたら、運動を取り入れて体重を落としていきましょう。ダイエットが上手くいくことと、坐骨神経痛の回復のどちらも同時に叶えられるという期待が持てます。

坐骨神経痛エントリー一覧

坐骨神経痛の種類

坐骨神経痛は、いくつかの種類に分けられますが、急性の坐骨神経痛でよく見られるものとして、梨状筋性坐骨神経痛があります。梨状筋という筋肉が収縮や緊張を繰り返し行うことで坐骨神経を圧迫し、しびれや痛みを伴います。急性の坐骨神経痛は、比較的治りやすいと言われていて、立ち仕事などで無理な体勢や同じ体勢を長時...

続きを読む

坐骨神経痛の症状

とても長い神経である坐骨神経は、広い範囲にわたって症状を出す可能性があります。神経障害がどこで起こっているかによって、症状が起こる範囲や症状・その度合いなども違ってくるのです。基本的には痛みやしびれが見られますが、冷えなどを感じることもあり、温めてもなかなか冷えが改善されないのも坐骨神経痛の症状の一...

続きを読む

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛が起こる原因は様々あります。年齢によって原因も異なるようですが、若い年齢層の人に一番多く見られるのが、腰椎椎間板ヘルニアや梨状筋症候群です。腰椎椎間板ヘルニアは、骨と骨の間から神経が飛び出し、この神経が障害を受けることにより、痛みが生じます。他にも、神経根が坐骨神経痛に影響するものとして、...

続きを読む

坐骨神経痛の悪化

坐骨神経痛が悪化すると、横たわっていることしかできず、トイレに行くのですら、誰かの手を借りないといけなくなってしまうことがあります。人によっては、横たわっていても激痛を感じるために、眠ることもできなくなってしまう場合もあるでしょう。強い痛みや痺れ、麻痺などが起こってしまうと、日常生活を送ることさえ難...

続きを読む

自分で出来る坐骨神経痛の対策

実は、日常生活において冷えが原因で坐骨神経痛になってしまったという方も少なくありません。会社や電車など、長い時間、冷房がガンガンかかっている中にいたせいで、坐骨神経痛になってしまったなんて話も聞いたことがあります。特に、女性は気をつけた方がいいです。女性は坐骨神経痛に限らず、冷えからくる様々なトラブ...

続きを読む

坐骨神経痛の治療法

病院で坐骨神経痛を治す時の治療法としては、まず、薬物治療があげられます。辛い痛みを抑えるために、非ステロイド性の消炎鎮痛剤の飲み薬、もしくは、座薬を処方されるでしょう。あまり長期間、このような薬を服用していると、胃腸機能や肝臓・腎臓機能に副作用を引き起こす原因にもなりかねませんが、医師の話をよく聞き...

続きを読む

坐骨神経について

腰痛に悩む人が何人か集まると「坐骨神経痛」という言葉がよく出ます。けれども、その坐骨神経とはどのような神経なのか、よくわかっていない人も多いようです。そこで、坐骨神経についてまとめてご説明しましょう。坐骨神経とは、仙骨神経叢(そう)のうちの1本で、人体のなかで最も太くて最も長い末梢神経です。腰椎の4...

続きを読む

椎間板ヘルニアが原因の坐骨神経痛

椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛は、ヘルニアの場所によって痛みの出る場所や感じ方に違いがあります。以前は、痛みやしびれの状態から、逆にヘルニアの場所を推測するといった診断も行われていました。しかし最近は、MRIの画像診断などによって椎間板ヘルニアの位置が正確にわかるようになり、坐骨神経痛との関連につい...

続きを読む

梨状筋症候群・脊柱管狭窄症が原因の坐骨神経痛

梨状筋は、臀部の深層にある筋肉で、すぐ下を坐骨神経が通っています。梨状筋はもともと単独の機能を担う主導筋ではなく、臀部にある筋肉の機能を補助する役割を果たしています。梨状筋症候群は、梨状筋とその周辺にある筋肉、大臀筋、中臀筋、小臀筋のそれぞれに衰えや弛緩が進んで、互いの機能を補いきれなくなって起こる...

続きを読む

急性期と慢性期の坐骨神経痛

坐骨神経痛には、その主要原因である椎間板ヘルニアの発症などに伴う初期段階での急性症状と、原因となる各疾患がある程度落ち着いてからも長く続く慢性症状があります。急性期には、原因そのものに炎症の存在があるため、まずは安静にして炎症を鎮めることが大切です。具体的な方法としては、ぎっくり腰の炎症を鎮めるのと...

続きを読む

妊産婦・更年期障害と坐骨神経痛

ここ数年の間に、妊娠・出産によって坐骨神経痛になる女性が増える傾向が高まっているといわれています。その主な理由として、妊娠前のダイエットや運動不足による筋肉量の低下と、つわり中の栄養不足が挙げられます。そうでなくても、妊娠中は赤ちゃんの成長とともに腰椎や骨盤に重みがかかり、特に妊娠後期になると圧迫も...

続きを読む

坐骨神経痛の診断と治療・予防法

腰の痛みや下肢のしびれで病院へ行くと、さまざまな検査を受けて、慎重な診察を受けることになります。特に、坐骨神経痛が疑われる場合には、原因となる病気を特定することが治療のポイントとなるため、細かい問診にも丁寧に答えるようにしましょう。診察では、坐骨神経の障害と椎間板ヘルニアの確認のために、「ラセーグテ...

続きを読む

坐骨神経痛の薬物療法・理学治療・運動療法

坐骨神経痛の薬物療法で使われる薬剤について、まとめてご説明しましょう。(1)痛みの緩和主として使われる消炎鎮痛薬は、非ステロイド性の内服薬と坐薬です。坐骨神経痛の治療では、長期間の投与が必要となることが多いため、胃腸障害などの副作用を防ぐために胃腸薬が一緒に処方されることが多いでしょう。(2)しびれ...

続きを読む

坐骨神経痛とブロック注射・外科手術

ブロック注射とは、患部に局所麻酔薬やステロイド薬などを注射して、脳に伝わる痛みをブロック(遮断)する方法です。坐骨神経痛でも、鎮痛剤の服用や理学療法による効果が思うように得られない患者に対して採用され、一定の効果が認められてます。使用する薬剤成分によって、圧迫を受けている坐骨神経周辺の筋肉を和らげる...

続きを読む

坐骨神経痛と整体療法・鍼灸療法

「整体」という言葉のとおり、「体」を「整える」療法です。体の全体的なずれや骨格のゆがみ、筋肉の偏りなどを整えることによって、体の変調・不調を改善する療法として評価されています。整体の考え方では、坐骨神経痛を含めたすべての腰痛も、腰椎・骨盤・筋肉の相関関係としてとらえます。そして、人の体が生まれながら...

続きを読む

坐骨神経痛と接骨療法・カイロプラクティック

接骨療法は、古くから「骨つぎ」と呼ばれて受け継がれてきた、日本特有の伝統的な医療法です。その根源となっているのは、剣術や柔術などの武道における治療術で、骨や関節および周辺の筋肉の損傷や故障の回復に貢献してきました。かつては手技療法のみで行われていた治療に、最近ではさまざまな理学療法も加えた治療が行わ...

続きを読む

坐骨神経痛を緩和するストレッチ・ヨガ

坐骨神経痛の痛みやしびれが出始めると、ストレッチどころか足をちょっと動かすのもつらいという人が多いようです。そこで、坐骨神経痛の痛みやしびれがあるときでも行えるトレッチを二つご紹介しましょう。・落下ストレッチ1.まっすぐに立って、肩の力を抜き、両腕をだらりと下げます。このとき、肩に羽があるようなつも...

続きを読む

坐骨神経痛を緩和するウォーキング・水中ウォーキング

坐骨神経痛の緩和方法として、最も身近で気軽に行える運動がウォーキングです。ウォーキングというと立派な運動のようにも聞こえますが、要するに意識して歩く散歩です。腰の筋肉や骨盤、背骨や肩甲骨など、自分の体の骨格や関節にかかる力を意識して歩くだけで、ウォーキングの効果はきちんと得られます。坐骨神経痛になっ...

続きを読む

坐骨神経痛を防ぐ食事・寝具

病気予防の食事というと、結局はさまざまな栄養をバランスよく豊富に摂取することとなってしまい、具体策に結びつきにくいことがあります。そこで、坐骨神経痛を防ぐために役立つ献立を具体的にご紹介しましょう。まず、たんぱく質がたっぷり摂れるメニューです。朝の洋食セット…ヨーグルト、ほうれん草とベーコンのココッ...

続きを読む

坐骨神経痛を防ぐ衣類・マッサージ

日頃の服装でも、背筋を伸ばしたり腰の動きを助けたりする工夫をすると、坐骨神経痛の予防に役立ちます。女性の場合は、ボディメイクの役割も兼ねて、ボディスーツやウエストの高い位置までしっかりカバーするタイプのガードルを着用するのも良い方法です。ボディスーツやガードルは、良い姿勢を保つとともに、腰にかかる力...

続きを読む