坐骨神経痛

坐骨神経痛の名医と呼ばれるドクターは?

最近は、スーパードクターとか、名医と呼ばれるドクターが一般人の間でも知られるようになりました。これまでは、そういった情報は限られた医療従事者でなければなかなか知ることは出来ませんでした。でも、インターネットで情報を集めることができるようになり、専門医を求めてわざわざ遠方から診察に訪れる人も少なくないようです。

 

坐骨神経痛でもやはり名医に掛かれるなら、そういうドクターに治療をお願いしたいですよね。坐骨神経痛の場合は、名医を探すといっても癌と似ている部分があります。

 

例えば、癌は人によって脳であったり、肺であったり、胃であったり、腸であったりとその発現部位はさまざまで、手術の場合はその部位によっても名医が違ってきます。坐骨神経痛も、その原因は人それぞれで違うため、まずはその原因となっている病気の専門ドクターを探すのがベターでしょう。

 

あなたの坐骨神経痛の原因が、椎間板ヘルニアなのか、腰椎すべり症なのか、骨盤の歪みなのか、あるいは、もっと別のものなのか。それによって、名医と呼ばれるドクターも変わってくるはずです。

 

テレビにも出た坐骨神経痛の名医としては、東京杉並区のたかはしペインクリニックの院長などがいます。また、世界的に有名な名医としては、国際医療福祉大付属三田病院副院長兼整形外科部長の福井康之先生が挙げられるでしょう。脊椎手術では多くの症例数を持ち、世界的に認められている坐骨神経痛の名医です。

痛みを抑える薬って?

坐骨神経痛を発症してしまうと、慢性的な痛みや痺れを感じるようになってしまいます。坐骨神経痛の痛みや痺れは、酷くなると日常生活に支障をきたすまでになる可能性もあります。そんな時には、病院へ行けば鎮痛剤を処方してくれるでしょう。

 

坐骨神経痛で病院に通院している場合、一般的に処方されるのが消炎鎮痛剤で、痛みや炎症を抑えてくれる働きがあります。消炎鎮痛剤は薬としては強めの薬なので、胃が荒れてしまう可能性もあるため、胃薬と一緒に処方されることが多いです。

 

血流の循環が滞っている場合や血行不良が原因で坐骨神経痛を発症することもあるのですが、この時には循環障害改善薬を使用することで痛みが改善されることもあります。

 

何かしらの原因で神経を圧迫してしまっていることで起こる坐骨神経痛ですが、この神経の圧迫を取り除くために筋弛緩剤を使用して、筋肉のこわばりをほぐしていくというのも改善方法の一つです。薬とは少し違いますが、坐骨神経痛に有効だと言われているのがビタミンE12です。

 

ビタミンE12には血行を促進する作用があるので、坐骨神経痛や腰痛などに効果があると言われており、サプリメントも販売されています。上記のように、坐骨神経痛を患った際に処方される薬には何種類かあり、確かに薬を飲めば痛みは改善するでしょう。

 

しかし、薬物療法では坐骨神経痛の根本的な原因を取り除いたことにはならず、対症療法にすぎないことを頭に入れておいて下さい。坐骨神経痛を治したいとお考えであれば、根本的な原因を取り除く治療を行う必要があります。

坐骨神経痛の名医と呼ばれるドクターは?関連ページ

ストレッチ
ツボ押し
鍼灸
漢方薬
カイロプラクティック