自分でできる腰痛対策

自分でできる腰痛対策

日頃のちょっとした心がけ次第で、腰痛の症状が軽減されることは良くあることです。内臓疾患などが原因の場合には、元となる疾患を治さなければなりませんが、そういう病の無い慢性的な腰痛の場合には、日頃から腰痛対策を徹底させると良いでしょう。

 

では、どんなことに気をつければよいでしょうか?まず、姿勢を正しく保ち、身体の歪みを改善しましょう。身体の歪みをとるには、マッサージや整体、コルセットなどによる骨盤矯正があります。

 

腰痛の原因となる骨粗しょう症などを防ぐ為、日頃からカルシウムやビタミン(カルシウムを体内に吸収するにはビタミンD3が必要です)、ミネラルなどを積極的にとり、バランスの良い食事を心がけます。

 

腰の血行をよくし、腰や腰周辺の筋肉を鍛えることも大きな効果があります。血行を良くする為には、半身浴、針、灸、マッサージ、ストレッチなどが効果的です。腰や腰周辺の筋肉を鍛える為には、ストレッチやウォーキング、腹式呼吸、スイミングや水中歩行などが効果を発揮します。

 

腰に負担を掛けないように激しすぎる運動は避け、最初は軽い体操から始め、腰の状態を見ながら徐々に運動量を増やすことが重要です。腰痛対策の運動で腰を痛めてしまったのでは元も子もありませんよね?

 

他にも色々と注意すべき点は沢山あります。例えば、ハイヒールのように腰に負担を掛ける履物を避け、歩く時にも出来るだけ正しい姿勢を保てるよう心がけます。正しい歩く姿勢とは、「モデルのように美しく見える歩き方」とは違います。

 

 

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰は、突然激しい痛みに襲われることで知られています。ぎっくり腰を引き起こす原因としては、重いものを持ち上げたりなどの負担によって引き起こされる場合や、同じ姿勢を長時間とっているために、疲労によってぎっくり腰が起こりやすくなってしまう場合とがあります。

 

激しい負担が原因の場合
これは、重いものを持ったりなどの負担によって、ぎっくり腰が誘発された場合です。一般的に、肉体を酷使するようなハードワークの方に起こりやすいのですが、このような方は日々の負担に耐えられるように、筋肉なども発達しているので、ぎっくり腰になりづらいという特徴もあります。また、ぎっくり腰の割合から見てみると、この負担によって誘発される場合は、あまり多くありません。

 

同じ姿勢が原因の場合
これはデスクワークの方や、車の運転などが長時間に及ぶ方が当てはまります。このような場合ですと、座ったままという状態が長時間に及んでしまい、腰への圧迫もかなりなものになります。この腰への圧迫が続いてしまうと、血の流れが悪くなるばかりでなく、椎間板などが損傷してヘルニアになってしまう場合もあります。また、この圧迫が原因になっているぎっくり腰も意外に多いです。