タバコ・お酒と腰痛の関係

タバコ・お酒と腰痛の関係

一見、腰痛とは無関係に思われがちなタバコや飲酒も、腰痛の原因となります。例えば、タバコを吸う人は、吸わない人の1.2倍以上腰痛になりやすいと言われています。これは、1日の喫煙量が多くなるほどその確率が高くなり、20本未満では1.29倍、21本以上では1.36倍と言われています。

 

まず、タバコに含まれるニコチンに血管収縮作用があるのは誰でもご存知でしょう。ですから、妊婦が喫煙すると胎児に酸素がいかなくなるので吸ってはいけないといわれていますよね。腰痛でも同じ事が言え、血管が収縮することにより元々血行が悪くなりやすい腰周辺の血行がますます悪くなる為、腰痛になりやすいと考えられています。

 

また、ニコチンは椎間板の弾力を失わせることも判明したそうです。このため、喫煙者は椎間板ヘルニアの疾病率が高まると考えられています。椎間板の弾力が弱まることにより、ちょっとした事で椎間板が損傷を受けやすくなってしまうのです。ですが、椎間板は再生することが出来ますから、特に若い人の場合は禁煙すれば比較的早く再生します。

 

では、飲酒と腰痛の関係はどうなのでしょう?飲酒の場合は喫煙とは少し話が変わります。アルコールの成分の中に腰痛を引き起こす成分が含まれているわけではありません。むしろ、適量のアルコールなら血行をよくするため、腰痛緩和にも多少の効果が期待できるでしょう。

 

しかし、飲酒の量が過ぎると内臓疾患を引き起こします。つまり、飲酒による腰痛とは、大量摂取による内臓疾患の合併症ということになります。

 

 

姿勢の異常が腰痛の原因?

腰痛は姿勢の異常に原因があると考えられています。日常生活で正しい姿勢をとって行動することで、腰への負担を減らすことが可能になります。腰に一番負担のかかる姿勢は、中腰の姿勢です。立っているだけの状態でも自分の体重以上の負担が腰にかかり、前かがみなどの中腰の姿勢だと自分の体重の2倍以上の負担がかかります。

 

特に女性の場合、キッチンで料理をしたり、掃除をするなどの前かがみになりやすい作業をする機会が多いので、気をつけると良いでしょう。立った状態で猫背などで姿勢が悪いと背中が丸くなり、重心が後ろにずれてしまいます。体のバランスが悪くなると、腰椎は安定させようと前へ出てきて、腰の筋肉に負担をかけることになります。

 

悪い姿勢を続けることで筋肉が疲労し、慢性的な腰痛へと繋がってしまうのです。また、意外と知られていないのが、立った状態よりも座った状態の方が腰への負担が大きいことでしょう。特に腹筋などの筋肉の弱い人が長時間座ったままの姿勢でいると、腰への負担がかなり大きなものになります。

 

背筋を伸ばして正しい姿勢で座っていればそれほどでもありませんが、背もたれに寄りかかるなどの悪い姿勢で座っていると、椎間板への圧力が高くなり、腰への負担が大きくなるでしょう。デスクワークなどで座った状態が続く場合は良い姿勢を意識し、時々はストレッチをする必要があります。

 

日常的に姿勢が悪いと、腰痛の原因だけでなく、骨・筋肉・内臓など、様々な部位に負担をかけ、悪影響を及ぼします。逆に、良い姿勢を心掛けることで、体への負担を軽減させることができますし、骨・筋肉・内臓の働きがスムーズになりますよ。