腰痛になりにくい姿勢や座り方

腰痛になりにくい姿勢や座り方

慢性的な腰痛の場合には、姿勢や座り方を変えるだけで症状が軽減されるケースも多々あります。つまり、姿勢が悪いことが腰痛の原因となっているケースが多いと言うことですね。正しい姿勢を保っていれば、肉体的な負担は軽くなります。

 

しかし、正しい姿勢を保っていないと、間接や筋肉に負担がかかりますから、その負担が掛かる部分が腰だった場合には腰痛の原因となってしまうのです。そして、気をつけなければならないのは、正しい姿勢とは決して「楽な姿勢」では無いということです。

 

では、まず、腰痛になりやすい悪い姿勢とはどんな姿勢でしょう?背骨とは本来、緩やかなS字になっているのですが、それが保てない姿勢が悪い姿勢です。猫背であったり、平背といって背骨が伸びきっているような状態は腰に負担が掛かります。

 

また、妊婦さんのように背中が丸まった状態で、お腹やお尻の突き出た姿勢も腰に負担が掛かります。逆に言えば、背骨の本来の形状である、ゆるやかなS字カーブの状態を保っていれば腰痛は起こりにくいと言うことになります。

 

さらに、悪い姿勢を続けていると、徐々に体にゆがみが生じてしまい、腰ばかりではなく様々な部分に悪影響を及ぼします。では、どんな風に正しい姿勢を保てばよいでしょう?

 

壁に踵と背中を付けて立ち、壁と腰のくぼみの間に握りこぶし一つ分くらいが入る姿勢が正しい姿勢とされています。椅子に座る場合は高すぎ・低すぎ・柔らかすぎの椅子を避け、背もたれにお尻がつくように深く座ることを心がけましょう。

 

 

ぎっくり腰について

ぎっくり腰は、重いものを持ったりなどのきっかけで、急激に痛みが襲ってくる腰痛にことです。ただ、ぎっくり腰とは医学的な病名ではなく一般的な名称で、正式な病名を『急性腰痛症』と言います。また、ぎっくり腰とは言っても、痛める場所は人によって当然違ってきますが、傷めやすい場所の傾向というのはあります。

 

仙腸関節の損傷によるぎっくり腰
仙腸関節を損傷している場合は、腰というよりも臀部に痛みがあるのが特徴で、ぎっくり腰の大半がこのケースです。こうなってしまうと、激しい痛みに襲われて、痛みのために真っ直ぐ立てない場合もあります。このような時には、何はともあれ安静にして下さい。

 

腰椎の損傷によるぎっくり腰
腰椎を損傷して、ぎっくり腰になっている場合は、背骨と腰の部分に痛みが起こることが特徴です。この腰椎の損傷によるぎっくり腰の原因としては、高いところから落ちたり、交通事故や激しいスポーツなどが主な原因になります。高齢の方ですと、骨自体の強度が少なくなって(骨粗鬆症)いる場合に、尻もちをつくなどの事でも損傷してしまう場合があります。