妊娠中の腰痛

妊娠中の腰痛

妊娠中の腰痛にもその原因は複数あります。お腹が大きくなれば、その体型からも、体を支える負担からも腰痛が起こりやすくなるのは誰にでも簡単に想像できますね。

 

特に妊娠後期になると、大きなお腹を支える為に不自然な姿勢になったりすることが増えますから、腰痛が起こりやすくなるでしょう。ですが、妊娠初期から腰痛に悩まされる妊婦さんも少なくありません。妊娠中の腰痛の原因は、大きく二つに分けることが出来ます。

 

1つは体型・姿勢が原因で起きる腰痛です。そして、もう1つは女性ホルモンの影響で起きる腰痛。妊娠初期から腰痛に悩まされるのは、体型や姿勢などとは無関係で、女性ホルモンが関係しているということなのですね。

 

妊娠すると、女性の体は女性ホルモンを多く分泌するようになります。その女性ホルモンの中の「リラキシン」という成分が骨盤の靭帯を緩ませるのです。

 

靭帯が緩むことが原因で、それまで靭帯が支えてきた間接を支える為に、周りの筋肉が常に緊張状態を保たなければならなくなります。つまり、間接や周りの筋肉に通常より沢山の負担が掛かってしまう為、腰痛が発生するのです。

 

このリラキシンという女性ホルモンは、生理前や妊娠初期〜産後に多く分泌されるので、生理の際に腰痛を感じたり、産後も腰痛に悩まされる人が多いのです。

 

では、何故わざわざ靭帯を緩めてしまうリラキシンが分泌されるかと言うと、出産時に赤ちゃんが通る産道を広がりやすくする為です。ですから、女性ホルモンが原因の腰痛は、妊娠初期〜産後まで続くことになります。

 

 

ぎっくり腰になった時には!

当然ながら、すぐに病院へ直行することが一番確実で安心です。ただ、すぐに行けない場合などもあると思いますので、最も重要なぎっくり腰の対処法を書いておきますね。

 

ぎっくり腰は、何はともあれ安静に!
常識ですが、ぎっくり腰の人を無理に動かしてはいけません。まずは、痛みの少ない姿勢をとって安静にして下さい。また、痛みの原因は炎症ですので、間違ってもマッサージをしたり、指圧などはしないで下さい。マッサージや指圧は炎症を悪化させ、ぎっくり腰まで悪化してしまう場合があります。そして、なかなか治らない場合は、出来るだけ早く病院で治療を受けましょう。