カイロプラクティックで腰痛を治療する?

カイロプラクティックで腰痛を治療する?

そもそもカイロプラクティックというものは、マッサージや指圧とはまた違ったものです。骨格や関節をメインに歪みを矯正していき、その症状を緩和する・取り除いていくという方法がカイロプラクティックなのです。

 

人は神経の働きが低下すると、それに伴って筋肉や関節の働きも低下します。それが歪みとなり、腰痛などを引き起こす要因となっているのです。

 

なので、腰痛の改善にカイロプラクティックを選んだとしても、腰痛そのものの治療をしていくのではなく、腰痛が起こっている原因に対して治療をしていく、ということを頭に入れておく必要があります。

 

カイロプラクティックは、腰痛、ぎっくり腰はもちろんのこと、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛にも効果があると言われています。ただ、腰痛の原因が事故や怪我などの外傷性の場合、もしかしたら、自分では軽い捻挫などと思っていても、実は重度の捻挫や骨折・脱臼なんかを起こしている場合もあります。

 

外傷性の腰痛であれば、カイロプラクティックをすぐに行うのではなく、一度病院に行ってレントゲン検査を受けてからの方が良いでしょう。他にも、椎間板ヘルニアなどで手足のしびれなど神経的な症状が出ている場合は注意が必要です。

 

特に排尿障害や歩行障害が出てしまっている場合は、まず病院へ行って治療するのが先決です。腰痛の原因が筋肉の疲労や体の歪みではなく、病気ということだってあります。カイロプラクティックに行っても腰痛が改善されないようなら、病院でしっかりと検査を受けてみた方がいいかもしれません。

 

 

腰椎椎間板ヘルニアの原因

まず、ヘルニアの原因になる椎間板というのは、背椎骨の間にあってクッションの役割を担っている線椎性の軟骨のことを言います。

 

そして、この椎間板は、外側部分は比較的に硬いのですが、中心はゼリーのように柔らかくなっていて、これを髄核と呼びます。

 

一般的に言われている椎間板ヘルニアは、重いものを持ったりなどの行為により、椎間板に亀裂が生じてしまい、そこからゼリー状の髄核が飛び出してしまうのが、ヘルニアの原因と言われています。

 

そして、椎間板から飛び出した髄核は固まってしまい、その塊が神経を圧迫してヘルニア独特の激しい痛みを起こします。