腰痛になったら鍼にいく?

腰痛になったら鍼にいく?

おそらく殆どの方が知らないと思いますが、鍼灸師と整体師には大きな違いがあります。もちろん、手法は全く違うわけですが、それだけではありません。あん摩や柔道整復師、鍼灸師になるには、国家資格が必要です。しかし、整体やカイロプラクティックには、国家資格がないのです。

 

極端な言い方をすれば、「今日から私は整体師です」といって開業することも可能になってしまいます。多くの場合は、民間の学校である程度やり方を習って行っていますが、そうではないケースもあるようです。しかし、鍼灸師は国家資格です。医師と同様に、国で認められた資格を持った人による施術が行われますから安心ですね。

 

体に鍼を打つときくと、とても痛そうだと思う人もいるかもしれません。でも、鍼を打つのは、慣れると気持ちがいいと感じる人がいるくらい痛みが少ないものですし、身体への負担も少ないのが特徴の治療法です。多くの場合は、鍼灸師として鍼と灸を両方行っており、症状によって使い分けているのが一般的のようです。

 

ちなみに、腰痛での鍼治療では、保険が適用されないケースもあります。保険を適用する為には、医師の同意書が必要なのです。また、腰痛の鍼治療を保険適用で受けている間は、病院での治療が受けられません。ですから、費用が掛かったり、不便なのが玉に瑕ですね。

 

これらの仕組みをよく理解した上で、しばらく通ってみるか、保険適用をお願いしてみるかなどを検討する必要があります。

 

 

内臓の病気が原因で腰痛になる?

腰痛は腰痛でも、症状や原因には様々なものがあります。特に慢性的な腰痛のある人の9割が、腎臓に何らかの問題を持っているといわれているのです。腎臓は腹膣の後面にあるため、腎臓に炎症がある場合には、腰に重い痛みを感じる場合があります。

 

これは腎臓を動かしている末梢神経と同じところから出ている神経が腰の筋肉へも伝わることで、腰の筋肉に影響を与えることから起こります。また、じっと動かずに安静にしていても痛みが落ち着いてこない場合や腰の痛みと同時に血尿や腹痛などの症状もある場合には、内臓のトラブルが腰痛の原因かもしれません。

 

腰の部分はちょうど臓器が多く存在するところなので、内臓の不調によって影響を受けやすい部分だといえます。胃や胆石、十二指腸潰瘍などの消化器系の疾患からくる腰痛の場合には、腹痛や血便、吐き気や嘔吐などの症状がみられ、尿路結石や前立腺がんなどの泌尿器系の疾患では、腰痛の他にも血尿や排尿障害などの症状がみられるでしょう。

 

婦人科系の子宮ガンや子宮内膜症などの疾患では、おりものが増えたり、不正出血を伴うことも多いです。それに、循環器系の疾患では、腹痛、背腰痛などの症状が起こります。内臓疾患が原因で起こる腰痛は、筋肉や骨からくる腰痛とは別のものであると捉えておきましょう。

 

内臓のトラブルが原因で起こる腰痛は、放置しておくと生命にかかわる可能性もあります。自分の判断では、はっきりと原因はわからないので、痛みを感じたら専門医の診断を受けてください。一応の目安としては、内臓疾患による腰痛の場合は、どのような体勢をとっても痛みが楽にならないということです。