ゴルフをすると腰痛になる?

ゴルフをすると腰痛になる?

ゴルフのスイングは、腰椎の過度な軸回旋が要求されます。そのため、ゴルフをやっている人の多くが、腰痛に悩まされているようです。

 

実際に、ゴルフを一度やってみるとわかると思いますが、最初にお話したスイングの時だけでなく、ボールを自分で拾う時に腰を曲げますし、パットの時も腰をかがめます。

 

ゴルフは色々な場面で、腰をかなり使うスポーツなのです。ゴルフのやりすぎやストレッチをしないせいで腰痛になる人も後を絶ちません。間違ったスイングをしているせいで腰痛になるという勘違いをしている人も少なくないようです。

 

でも、正しいスイングをしているはずのプロゴルファーやトレーナーの中にも、腰痛に悩まされている方はたくさんいるのです。ゴルフのように、片側だけに体を捻るスポーツは、どうしても体を歪ませてしまいますし、筋肉も均等にはついてくれません。

 

意識して均等に筋肉がつくように筋肉トレーニングを行ったり、整体などで定期的に体の歪みを直すなどの配慮が必要でしょう。ゴルフをする前に十分にストレッチして体をほぐし、ゴルフをした後にもしっかりストレッチしたり、マッサージを受けるなどして、筋肉疲労を蓄積させないことも大切です。

 

腹筋を鍛えるのも、腰痛予防になります。趣味や仕事の付き合いで、ごくたまにゴルフを行い、ろくにストレッチもせずにコースを回って、ゴルフが終わったらビールを飲んでカロリーの高い食事を摂って寝るというのが、一番腰痛になりやすいかもしれません。

 

 

椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアは、ぎっくり腰のように急に痛み出す急性型のヘルニアと、じわじわと痛み出していく慢性型のヘルニアとがあります。

 

急性型の椎間板ヘルニア
この急性型の椎間板ヘルニアは、重いものを持ち上げたり、体に強い衝撃を受けた時に急に発症します。そして、ヘルニアが発症した時の症状としては、ぎっくり腰のように急に激しい痛みに襲われ、その激痛のために立ったり歩いたり出来なくなる場合もあります。

 

この痛みは時間とともに和らいでいきますが、和らいだといっても椎間板が損傷している事に変わりはありませんので、早めに病院で受診して下さい。放置してしまうと、再び腰に負担がかかった時に。飛び出している髄核がさらに押し出されてしまいまい、さらなる神経の圧迫を引き起こしてしまいます。

 

 

慢性型の椎間板ヘルニア
慢性型の椎間板ヘルニアは、亀裂の入った椎間板から徐々に髄核が押し出されていくので、急に激しい痛みに襲われるといった事はありません。また、この症状の特徴としては、普通の生活をしているのに腰に鈍痛が起こったり、痛んだり痛まなかったりを繰り返しながら、段々と慢性化してしまうことがあげられます。

 

また、椎間板ヘルニアになると、太ももから膝・足にかけて、激しい痛みが走る坐骨神経痛を伴う場合が多く、足にもしびれやビリビリとした痛みを伴う事があります。