椎間板ヘルニアの温存療法

椎間板ヘルニアの温存療法

椎間板ヘルニアというヘルニアは、その90%までもが手術をしないでも痛みが取れてゆき、いずれは治るというお話を以前したのですが覚えていらっしゃいますか?ほんの10%・・・つまり一割程度のかたがただけが手術をするということになります。

 

痛みがひどい場合には、手術をしてでも治したいと思われるかたもいらっしゃるでしょうが、少し我慢をして温存療法をすることで治ってくれるのでしたら、その方が良いと思いませんか?というわけで、今回は、椎間板ヘルニアの温存療法についてお話してゆきます。

 

温存療法では、消炎剤や鎮痛剤、筋弛緩剤などを内服して痛みを和らげながらコルセットや腰痛ベルトなどで固定をし、安静をとります。どうしても痛みがひどい場合などには「ブロック注射」という注射をする事もあります。また、血行を促すための温熱療法も行われます。

 

温熱療法は、筋肉の緊張と痛みもとってくれますから、簡単で効果も実感できる良い治療法です。他に、低周波治療という治療も行われます。

 

これは、整形外科などよりも接骨院でよく見かける治療法ですが、電気刺激を与えることによって筋肉の働きを促し、痛みを和らげるために行われます。ストレッチの指導をしてくれるところもありますね。

 

 

頸椎ヘルニアの手術

椎間板ヘルニアと同じような症状が首のあたりに出るものを頸椎ヘルニアと言いましたね。椎間板ヘルニアで腰回りや背中の痛みがひどいのと同じように、首まわりも痛みます。また、手などにしびれも出やすいので、頸椎ヘルニアも放っておくわけにはいきません。

 

ですが、やはりこのヘルニアも手術をするのは最終手段ということになります。手術は、身体に負担がかかりますが、温存療法よりは、早い社会復帰が望めます。そして、その手術ですが、切開をする手術とレーザー手術の二種類があります。

 

切開手術は、さらに二種類に分かれて、ひとつは前方除圧術、もうひとつは後方除圧術に分かれます。レーザー手術につきましては、椎間板ヘルニアと同様なのですが、椎間板ヘルニアの手術の記事では詳しい説明をしていませんので、こちらでざっと説明しておきましょう。

 

レーザーを使用した手術では、高出力レーザーを使用した経皮的髄核減圧手術という手術を行います。 椎間板の中心部分に残った髄核に、レーザーを照射して蒸散させることによって神経根を圧迫していたヘルニア部分の椎間板を減圧し、症状を軽減させる方法です。

 

髄核は水分が多く、ゼリー状の物質ですから、レーザーの熱エネルギーを利用することで水分を蒸発させることが出来るのです。そして、蒸発して出来あがった空洞部分に周辺の髄核が入り込んでゆくのですね。

 

そうしますと髄核の膨らみが収まり、神経を圧迫していたものが無くなりますから、ヘルニアの痛みが改善されるというものです。日帰り手術も可能ですし、良いことばかりに見えますが、人によっては効果が薄い場合もありますし、なんと言いましても、今現在では保険が適用されないという大きなデメリットがあります。