腰痛を薬で治療する?

腰痛を薬で治療する?

腰痛の治療方法として薬物療法という物がありますが、実際、どのように薬物で治療されているか皆さんはご存知でしょうか?腰痛の薬物療法は主に、消炎鎮痛剤や筋肉弛緩剤を使用しています。

 

消炎鎮痛剤はよく耳にすることがあると思いますが、痛みが起こっている部分には必ず炎症が見られます。その炎症を抑えることによって、痛みを緩和してくれる薬が消炎鎮痛剤なのです。消炎鎮痛剤と言っても種類は様々あり、内服薬や座薬などがあります。

 

その他にも、消炎鎮痛剤が入った湿布や塗り薬などもあり、痛みの深い部分にまでは効果がないようですが、痛みのある部分に集中的に即効性があると言われています。筋肉弛緩剤は、緊張している筋肉やけいれんを起こしてしまっている筋肉をほぐすことによって、痛みを緩和してくれる薬です。

 

しかし、この薬は胃腸機能の障害をもたらすような副作用が見られる場合があり、筋肉弛緩剤を処方される時は一緒に胃腸薬を処方されることが多いと思います。この二種類の他にも、腰痛の痛みを緩和してくれるような薬はあります。

 

例えば、ビタミン系で言いますと、ビタミンBやビタミンEなどもよく処方されます。ビタミンBには神経の働きを活発化させ、しびれを緩和させてくれる働きが、ビタミンEには血行を促進し、筋肉の緊張をほぐしてくれる働きがあるのです。

 

でも、薬物療法はあくまでも、対処療法にしかすぎません。ある程度の期間、痛みを抑えることは可能ですが、根本的な治療にはなっていないことがほとんどです。

 

 

ヘルニアの予防

ヘルニアというのは、あるものが、本来あるべきところに納まらずに突出してしまう状態のことを言います。そして、ヘルニアは内臓部分に起こるものもあり、骨と骨の間に起こる椎間板ヘルニアのようなものもあります。

 

さて、このヘルニアですが、自覚症状がない分には良いのですが、やはり痛みや不快感を伴うものが多いですから、ならないで済むのなら、ならないほうが良いですよね。ですが、皆さまもお分かりの通り、内臓部分のヘルニアにつきましては、先天的なものや、老化が原因であるもの、または外的要因が原因となっているものなどが多いので、予防する術はありません。

 

ですから、椎間板ヘルニアや、頸椎ヘルニアの予防というお話になります。実際のところ、これらのヘルニアを患っているかたがたは非常に多いのです。ご自身の周りで、椎間板ヘルニアや頸椎ヘルニアになったことがあるというかたを、1人や2人はご存じではないですか?

 

今これを読んでいらっしゃるあなたもそうかもしれませんね。ですが、予防はそれほど大袈裟なことをするわけでもなく、ただいつも良い姿勢を心がけていることなのです。

 

朝から晩まで背中を丸めてパソコンにかじりついていたり、変に寝転がって何時間もテレビを見ていたりしていたのでは、背中や首、腰に大きな負担がかかってしまうのは当然のことですね。身体に一本、柱が通っているかのように、まっすぐで良い姿勢を心がけるようにしてください。