腰痛を手術で治療する?

腰痛を手術で治療する?

現代では医学がかなり発展してきていますが、腰痛の手術は100%安全だとは言い切れません。しかし、100%安全だと言い切れないのは腰痛の手術に限らず、どのような手術にも同様のことが言える訳で、手術は最終手段として考えられた方が良いでしょう。

 

腰痛の場合は脊中間狭窄症であったり、椎間板ヘルニアなどの際に手術が行われることが多いです。椎間板ヘルニアは痛みだけではなく、ひどくなると周辺の神経にまで影響を及ぼすので、足にしびれなどが見られる場合もあり、歩行や排泄に困難をきたす場合があります。ここまでくると、さすがに手術を考えられた方がいいですね。

 

腰痛の手術に中で最も多く行われているのが、椎間板ヘルニアの手術だと思います。では、一体、椎間板ヘルニアの手術はどのような方法で行われているのでしょうか?ヘルニアの手術が行われる中で一番一般的な方法が、「ラブ法」という手術です。

 

これは、圧迫されている硬膜と神経根を避けてヘルニアを摘出する手術です。手術にかかる時間は1時間程度で済み、出血することもほとんどありません。手術翌日には自分でトイレに行くことも可能だと言われていて、大体1〜2週間もあれば問題なく退院できると言われている手術です。

 

ラブ法と同じくヘルニアを摘出するまでは同じですが、摘出した部分に自分の骨盤から採取した骨を移植する「固定法」という手術方法もあります。ただ、腰痛の治療のための手術をしたことによって、何らかの後遺症が残ってしまったという方もいるようです。

 

腰痛の原因によっては、保存的療法をしっかりと行えば、手術を行わなくても腰痛が改善するケースも少なくないのです。痛みがひどいからと言って、安易に手術を受けることだけは避けてください。

 

 

ヘルニアとは?

「ヘルニア」という言葉を耳にしたことがあると思います。お子様でしたら、まだ聞いたことがないかもしれませんが、ある程度の年齢のかたでしたら、一度や二度は必ず聞いたことがあるのではないでしょうか?「ヘルニア」であったり、「椎間板ヘルニア」などという言葉もよく耳にします。

 

ところでこのヘルニア・・・どのような病気であるのか、きちんとお分かりになっていますか?多くのかたがたは、なんとなく知っている・・・そのような程度ではないでしょうか?この機会にきちんと覚えてしまいませんか?

 

ヘルニアは、一概に病気とも言いにくいものですが、決して正常とは言えない身体の状態を言います。その状態というのは、本来、体内のあるべき場所に納まらなくてはならない臓器などが、本来あるべき場所から脱出してしまった状態のことを言います。

 

体腔内部の裂隙に迷入したものを「内ヘルニア」と言い、体腔外部に逸脱したものを「外ヘルニア」と呼んでいます。ですので、ヘルニアという症状は、特定のどこか一カ所に生じる異常ではなく、あちらこちらで見られるものなのです。よく耳にします「椎間板ヘルニア」というのも、椎間板で起こったヘルニアだということがわかりますね。

 

このヘルニアという症状ですが、これはどなたにも起こり得る症状です。しかも、体内の多くの場所で起こり得るものですから、今はまったくなんともないあなたであっても、この先、ヘルニアになる可能性というのは決してゼロではありません。

 

ヘルニアの種類についてお話してみようと思います。ヘルニアと言いますと、大概のかたは「椎間板ヘルニア」ともうひとつ「鼠径ヘルニア」を思い浮かべるのではないでしょうか?ですが、実際にはもっと多くのヘルニアがあります。その中でも、いくつかの代表的なヘルニアをご紹介してゆきましょう。

 

もっとも代表的な椎間板ヘルニアです。前回も軽くふれました椎間板ヘルニアですが、この症状になったことがないかたは、まずこの「椎間板」とは何かが、良く分かっていらっしゃらないと思いますので、その説明からです。

 

背骨は身体の中心を通る大変重要な骨ですが、頚椎、胸椎、腰椎、仙骨、尾骨など、非常にたくさんの椎骨が連結して出来ているものなのです。その椎骨同士を繋げているのが椎間板と呼ばれるものです。

 

この椎間板が、通常よりも突出した状態になってしまったものを「椎間板ヘルニア」と呼ぶのですね。もしも背骨が、足や腕の骨のように真っすぐで長い骨だとしたら、背中を曲げたり伸ばしたりすることが出来ませんよね。

 

短い骨を椎間板によって繋げているからこそ、自由に曲げ伸ばしが出来るのです。そして、なぜ椎間板がヘルニア状態になるのかと申しますと、椎間板の線維輪が、老化や怪我などによって傷むことで亀裂が生まれ、そのようになってしまうのです。

 

椎間板ヘルニアという症状が、ご理解いただけましたか?