腰痛を漢方薬で治療する?

腰痛を漢方薬で治療する?

腰痛で痛みが発生してしまった場合、消炎鎮痛剤や筋肉弛緩剤を薬として内服したり、外用薬として使用することが多くあります。しかし、これらの薬を長期的に使用していると、効果が見られなくなったり、胃腸機能に障害をもたらすこともあるのです。

 

そんな患者さんが行う治療法として、漢方を使う場合もあるでしょう。腰痛で漢方を処方してもらう際、一番腰痛改善に使用される漢方の一つが、「芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)」です。この漢方薬は、芍薬という生薬と甘草という生薬から作られており、どちらの生薬にも痛みを緩和する作用があると言われています。

 

芍薬甘草湯は、市販の物で簡単に手に入れることが可能なのです。ただ、市販の物の場合には、副作用を起こしてしまう危険性も高いといわれているので、注意が必要でしょう。なるべくなら、漢方専門の医師などに処方してもらうことをおすすめします。

 

芍薬甘草湯は腰痛の他にも、肩こりや生理痛などにも効果があります。また、八味地黄丸(ハチミジオウガン)は腰痛だけでなく足や腰の冷えにも効果がありますし、腰痛からくる坐骨神経痛に悩まされている方であれば疎経活血湯(ソケイカッケツトウ)なども効果があると言われています。

 

このように漢方には、今起こっている痛みを緩和したり、なくしたりするだけでなく、冷えや高血圧が解消されたりするなど、体調そのものを良くする効果があるのが特徴ではないでしょうか?とはいえ、漢方に100%頼れば、腰痛が改善されるというわけではありません。

 

漢方薬には相性があって、使用する方によって効果が顕著に表れる場合もありますし、いくら飲み続けても効果がない方もいるのです。漢方は鎮痛剤や弛緩剤と違い、必ず効果があるという物ではなく、腰痛を引き起こしてしまっているような生活習慣の改善なども一緒に行っていく必要があると言われています。

 

 

坐骨神経痛とはどんな病気?

坐骨神経痛という症状を知っていますか?これは、坐骨神経における神経痛で、片側の臀部・太ももの後面・ふくらはぎに痛みが出たり、されに伴って、下肢のしびれ・近く鈍麻・歩行障害などが起こることもあります。しかし、この坐骨神経痛というのは、医学的な病名ではありません。

 

坐骨神経が圧迫されることによって生じる神経痛のことを表す言葉です。では、坐骨神経とはどのような神経なのか詳しく説明します。

 

坐骨神経とは?
坐骨神経とは、末梢神経のひとつで、太くそして長いという特徴を持ちます。第4腰椎と第5腰椎の間から出て、第1〜第3仙骨から出る神経と合流し、梨状筋(臀部)の下を通って太ももの裏側を下行します。最終的に坐骨神経は、膝の裏で総腓骨神経と脛骨神経に分かれ、ふくらはぎやかかと・足の指など、下肢全体の働きを支配しています。

 

私たちが、歩いたり転ばないようにバランスをとったりするためには、脳(中枢)から脊髄を通って、この坐骨神経に無意識に指令が出ています。坐骨神経は、下肢の運動と下肢の皮膚感覚に大切な働きをしているのです。

 

坐骨神経のスタート地点の第4腰椎・第5腰椎は、人間の体の中でも、非常に負担のかかりやすい部位であるため、坐骨神経が圧迫されたり、負担がかかったりすることが多く、このとき坐骨神経痛が起こるのです。

 

 

椎間板ヘルニアやぎっくり腰の後遺症?
坐骨神経痛は、坐骨神経そのものが損傷して起こることは少なく、椎間板ヘルニアやぎっくり腰・腰部脊柱管狭窄症の後遺症であったり、糖尿病や帯状疱疹など、他の疾病の後遺症として起こることが多い病気です。