腰痛をコルセットや装具で治療する?

腰痛をコルセットや装具で治療する?

体を使う運送業や建築業をされている方はもちろん、デスクワークを中心にされている方にも、腰痛をお持ちの方は多いのではないかと思います。でも、腰痛だからと言っても、なかなか仕事が休めなかったりしますよね。そんな時に腰をサポートしてくれるのが、コルセットです。

 

コルセットには種類が二種類あり、軟性と硬性の物とがあります。軟性のコルセットは弾力性があり、痛みの強い腰痛やギックリ腰の時など、痛みによって日常生活が困難になった場合に使用します。このコルセットは布などでできているので、装着していても日常生活に支障をきたすことのない物です。

 

一方、硬性のコルセットは外科治療に使用されます。例えば、痛みがひどくて立っていたり座っていたりする姿勢を保つのもつらい方であったり、手術後に腰椎を固定する必要がある方などが使うのです。

 

日常生活で行われるような動作を防ぐことで腰痛を改善していくという目的があるため、プラスチックや金属で硬性コルセットは作られています。

 

しかし、コルセットを装着するだけでは、腰痛の根本的な治療にはなりません。コルセットを装着することで腹圧が上がるので、腰への負担は軽減されますし、ある程度の動作を固定するため、痛みも減少します。

 

ですが、あまりコルセットに頼りすぎると腹筋や背筋が弱ってしまうので、コルセットを外した時に自分の力で体を支えるのがきつくなってしまいます。コルセットの使用期間はなるべく短くして、腰痛を改善するためのリハビリなどを受けることをおすすめします。

 

 

坐骨神経痛の種類

坐骨神経痛は、いくつかの種類に分けることができます。それぞれのタイプについて分かりやすく説明しますので、あなたの痛みは、どのタイプの神経痛なのか見比べてみてください。

 

坐骨神経痛の種類
【根性坐骨神経痛・腰椎性坐骨神経痛】
坐骨神経の付け根が圧迫されて、痛みがおこるタイプの神経痛です。腰椎の関節・靱帯・筋肉などに異常があって、神経を圧迫している状態です。椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が原因で起こることが多く、足の激痛や、腰とお尻から腿の裏側にかけて痛みや痺れがあるのが特徴です。

 

【梨状筋性坐骨神経痛】
臀部にある梨状筋という筋肉が収縮・緊張して、坐骨神経を圧迫し痛みが出ている状態です。痛み・痺れはお尻のあたりに起こりやすいです。この梨状筋の緊張は、外傷や立ち仕事などの、物理的な刺激が原因となっていることが多く、比較的治りやすい神経痛です。

 

【症候性坐骨神経痛】
坐骨神経痛の症状があって、しかし神経の圧迫が見られず、原因がはっきりと分からないものを症候性坐骨神経痛といいます。このケースの時、お尻の筋肉が硬くなっている方が多いようですが、梨状筋性坐骨神経痛のような神経圧迫はありません。そのため原因が分からず、原因を取り除く根本的な治療を行うことは出来ません。

 

【予防が肝心】
坐骨神経痛の痛み・痺れは、我慢できないほどの症状ではないために、病院にかからずに我慢してやり過ごしている方が多いようです。腰痛の経験がある方や腰に自信がない方は、坐骨神経痛にならないよう生活の中で予防を心がけることが大切です。