腰痛を牽引で治療する?

腰痛を牽引で治療する?

腰痛の治療には、牽引療法と呼ばれる方法があります。牽引療法は腋を固定し、骨盤部にベルトを巻いて重りや電力によって体重の3分の1ほどの負荷をかけ、足の方へ10〜15分くらい引っ張るという治療法です。牽引療法は、腰椎間が狭くなって圧迫を受けたことにより起きる椎間板ヘルニアなどの腰痛の治療に用いられます。

 

牽引して椎関節の間を広げることで痛みを和らげるというものです。牽引療法には、腰を足の方へ引き、ゆっくりと緊張した筋肉を伸ばして背骨を安定させる持続牽引と、1回10〜15分ほどを繰り返し行う間欠牽引の二種類あります。間欠牽引は同時にマッサージの効果も得られ、背骨周辺の筋肉をほぐして血行をよくすることで痛みが和らぐでしょう。

 

ただ、牽引療法は腰の痛みが強い時には効果的ですが、長期の漠然とした牽引療法は症状を長引かせることもあるといわれています。また、牽引療法による治療には賛否両論があり、海外では牽引療法は使われていません。

 

一般的に牽引で引っ張ることで、椎間板が神経を圧迫しなくなり、痛みが和らぐといわれていますが、引っ張ることで周りの筋肉が伸ばされて、余計に腰痛が悪化するという説もあるようです。実際に牽引療法を受けた人の中には、腰痛がよくなった人もいれば、悪化した人もいますので、どちらが良いのかはっきりと断言することはできません。

 

牽引療法に限らず、どのような治療法であっても、合う人・合わない人がいます。牽引療法を受ける時には医師の説明をしっかりと受け、納得した上で受けることをオススメします。

 

 

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛を引き起こす原因は様々です。骨盤の歪みや股関節の変位、その日の気分や体調によって、痛みの程度や場所が変化することもあります。特徴的なのは、年代によってその原因が分かれるところにあります。

 

ここでは、坐骨神経痛の主な原因を紹介します。あなたの痛みの原因として、心当たりがありますか?

 

坐骨神経痛の原因
【若年層の場合】
若年層の原因としては、腰椎椎間板ヘルニアや梨状筋症候群によって坐骨神経痛が起こることが多いといわれています。腰椎椎間板ヘルニアは比較的急激に発症し、ラセーグ徴候が起こります。ほとんどの場合、身体の片側だけ症状が出現しますが、ヘルニアの位置や大きさによっては両側に見られることもあります。

 

梨状筋症候群が原因で痛みが出る場合は、症状は比較的緩徐に発症し、通常はラセーグ徴候が起こらないことが多いです。梨状筋間で坐骨神経が圧迫されることによって発症し、仕事や運動のストレスで悪化します。

 

※ラセーグ徴候
体を横たえた状態で、痛みのある方の脚を、膝を伸ばしたまま上げると、坐骨神経痛の痛みが増強される特徴があり、これをラセーグ徴候といいます。これは特に、椎間板ヘルニアになる神経痛にみられる特徴です。梨状筋に問題があって神経痛を発症した場合んは、この特徴はみられず、片足を上げた状態が痛みを増強してしまうことはありません。

 

 

【高齢層の場合】
高齢層では、変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症などの変形疾患に伴って坐骨神経痛が誘発されるケースがよくみられます。また帯状疱疹や糖尿病など、その他の疾患を原因にして、神経痛を誘惑するケースが多いようです。