腰痛を運動療法で治療する?

腰痛を運動療法で治療する?

腰痛の治療には、運動療法も効果的です。運動といっても、激しい運動や無理のある運動は、逆に腰痛を悪化させてしまうこともあるので、注意してください。腰痛は、運動不足で足腰の筋肉が弱まることや加齢に伴って筋肉が硬くなることで起こりやすくなります。

 

脊椎は周りの筋肉によって支えられているので、腰周りの筋肉を強化することで腰痛の改善に繋がります。激しい痛みがある場合には、安静にすることが必要ですが、症状が軽いうちに適度な運動を行うことで、腰への負担を大きく軽減することが可能になります。

 

運動療法には、猫背などの姿勢を矯正して腰への負担を軽減する柔軟体操(ストレッチ)、腰周りの筋肉を強化することで腰にかける負担を少なくしていく筋肉トレーニング、全身、または、局所の持久力を改善させる持久的トレーニングなどがあります。それぞれの腰痛の症状や身体能力に合わせた運動プログラムを決めて、治療していくといいでしょう。

 

運動療法の中でも、水中での運動はとても効果的です。水中は水の浮力により、腰へ負担が10分の1以下になるので、運動による腰への負担を軽くできる上、水の抵抗を利用することで効率的に筋肉を鍛えることができます。水中で歩くだけでも腰痛には効果的ですが、余裕のある人は背泳ぎやクロールなどをすると良いでしょう。

 

逆に、バタフライや平泳ぎは腰に負担がかかり、逆効果になる場合がありますから注意しましょう。また、適度な運動は腰痛の予防にも効果的です。腰痛の原因は日常生活の様々なところにあるので、痛みを感じる前から健康のために適度な運動を心掛けるといいですね。

 

 

腰痛の原因

腰痛の原因は色々あり、それによって治療法や対策・予防法も違ってきます。何はともあれ、あまり負担を掛けずに大切にする事が大事です。

 

筋肉の疲労による腰痛
歩いたり物を持ったりなどの一体の行動で腰が痛みだし、じっとして安静にしていると痛みがおさまるという場合は、骨盤などの骨や、腹筋などの筋肉が腰痛の原因になっている場合が多く、多くの腰痛がこれに当てはまります。

 

このような腰痛の原因としては、筋肉の疲労などによって体を支える力が弱まっているのにも関わらず、それでも体を曲げたり伸ばしたりなどの負担をかけるので、筋肉に疲労が溜まり、その負担を受け止めきれずに腰にまで負担をかけてしまっている可能性が高いです。

 

この場合には、まず無理をせず安静にして疲労を取りましょう。それと同時に湿布などをはって、腰痛の回復を高めます。

 

 

内臓疾患による腰痛
安静にしていても、腰が痛い場合や血尿や腹痛もある場合は、内臓のトラブルが原因で腰痛になっている可能性があります。腰痛の原因となる内臓の病気としては、【胃】【腎臓】【脾臓】などの炎症や、【尿路結石】【腹部大動脈瘤】【子宮内膜症】、腹部や腰部の【腫瘍】など様々な原因があります。

 

この場合の腰痛の治療法としては、その腰痛を引き起こしている内臓の疾患を治療することが最重要です。湿布などでごまかしたりせずに、まずは病院へ直行して受診されて下さい。腰痛での無理は禁物ですよ!

 

 

骨のゆがみによる腰痛
人間を支えてくれる大事な背骨。その中でも、腰の近くにある部分を、腰椎と呼びます。通常、人が立っているためには、背骨が体の上半身を支える必要があり、その支えている負荷の多くが腰椎にかかってきています。そのため、腰椎が傷つく確立は非常に高く、これも腰痛の原因としてあげられます。

 

また、背骨も体を支える重要な腰ですが、この背骨も年齢を重ねるとともに歪みが生じてしまったり、普段からの仕事によって歪みができてしまう場合があり、腰痛につながる可能性があります。