脊椎カリエスとは?

脊椎カリエスとは?

脊椎カリエスという病名を初めて聞く方もいらっしゃると思いますが、この病気は、肺から血液を介して結核菌が脊椎に転移してしまい、強い痛みを生じさせる病気です。骨関節の結核の中で、一番多く見られる疾患として知られていて、別名では結核性脊椎炎とも言います。

 

結核にかかっている方はもちろんのこと、以前に結核にかかったことのある方も、体内に潜伏している結核菌が、何らかの理由で抵抗力が低下し、再び動き始めると、脊椎カリエスにかかる危険性があるので、十分注意する必要があります。

 

最近では、高齢者の方が多く発症されていて、家族や周囲にいる患者さんから感染してしまったり、ステロイドを常用している方、人工透析を行っている方など、免疫力が低下している方からも発症が見られます。

 

症状としては、最初は腰痛から始まるのですが、発熱したり、体を動かすと痛みが強くなり、更には安静にしている状態でも痛みが出てくることもあります。結核菌が脊髄を破壊してしまうので、痛みは相当強いようです。ひどくなると、排尿・排便に障害を起こしたり、下肢の麻痺などもあらわれてきます。

 

治療としては、結核の治療を行っていくので、抗結核剤などの化学療法が用いられます。椎間板を中心として、広い範囲にまで病巣が及ぶと、脊髄が破壊されてしまい、背骨が曲がって形成されてしまうこともあるでしょう。

 

このように、骨が破壊され、変形しやすくなってしまうことから、手術で病巣を取り除いたり、骨の移植手術を行うこともあります。

 

 

ヘルニアにならない生活

以前の記事の中で、ヘルニアの予防についてお話をさせていただいたことがありました。そこでは、普段の姿勢を正すことや、食事や生活のバランスを良くすること、さらには寝具についてなどお話させていただきました。実際、それらはヘルニアにならないために大変重要な事ですから、出来るだけ心がけていただきたいと思います。

 

また、今回は、それに加えてのことと思っていただいて構いませんが、ヘルニアにならないための生活とはどのようなものかについてお話するつもりです。ヘルニアは、温存療法や手術で治らない症状ではありませんが、ならないほうが良いに決まっています。

 

一度でもあの痛みの辛さを経験したかたなら、もう二度と再発したくないとも思うでしょう。まだ、一度も経験したことがないかたでも、ちょっと気をつけるだけでヘルニアにならないようにすることは出来ます。ここでお話するヘルニアとは、臓器のヘルニアではなく、椎間板ヘルニアや頸椎ヘルニアのことです。

 

まず、正しい姿勢というのを知ってください。壁に背中をくっつけて立ってみてください。身体のどの部分が壁にくっついていますか?正しい姿勢とは、この時に後頭部と背中とお尻とかかとの4カ所がくっついている状態です。その姿勢を意識して、毎日を過ごすようにしてください。

 

最初は、つい忘れてしまいますが、気が付いた時に正すことを続けていればやがてそれが癖になり、当たり前になってくるものです。また、あまり重いものを頻繁に持ち上げたりしないこと。中腰の姿勢は出来るだけ避けること。テレビを観る時には、寝転がらないで、ストレッチなどをしながら観ると良いでしょう。

 

柔軟にして、インナーマッスルを鍛えておくことは、よりヘルニアになりにくい身体にしてくれます。ヘルニアになってしまいますと、本当に辛いです。普段の心がけひとつでヘルニアとは無縁でいられますから、ぜひ実行してみてくださいね。