腎盂腎炎とは?

腎盂腎炎とは?

腎臓が細菌に感染して起こる病気が、腎盂腎炎です。細菌感染を起こす原因となる細菌は、主に大腸菌で、他にも、腸内球菌やブドウ球菌があります。通常の健康な方であれば、腎臓が細菌に感染するなんて考えられないですよね。

 

しかし、腎盂腎炎は大腸菌が主に感染する細菌なので、肛門やその周囲の細菌が体内に侵入してしまい、尿道を通って感染したり、血管やリンパ管を通して感染するのです。

 

男性と女性、どちらがこの病気にかかりやすいかと申しますと、やはり、女性の方が肛門と尿道口との距離が近く、細菌感染を起こしやすいので、女性の方に多く見られます。しかし、男性も高齢になってきますと、排尿障害を起こしたり、前立腺肥大・尿路結石・痛風など、泌尿器系の病気にかかることが多くなってきます。

 

男性でも高齢であったり、上記で述べた病気をお持ちの方は、細菌感染を起こしやすいと思っておいた方が良いでしょう。症状としては、微熱が出たり、体のだるさを感じたりしますが、慢性の場合は、中々自覚症状が現れないので、自分では気が付きにくいようです。

 

急性の場合は、風邪と似たような症状が出るので、風邪だと思い込んで放置する方も少なくありません。排尿の回数がとても多くなったり、排尿時に痛みや残尿感を感じるなど、膀胱炎の症状があらわれることもあるでしょう。急性の場合は、入院をする必要がありますが、慢性の場合は、感染している細菌に効果のある抗生物質を投与して治療していきます。

 

更に気を付けて頂きたいのが、尿は濃度が濃くなると、細菌感染を起こしやすくなるので、たくさん水分を補給して、濃度が薄いうちに体外へ排出することが大切です。

 

 

ヘルニアの種類(嵌頓ヘルニア)

しばらくの間、ヘルニアの種類についてご紹介してまいりました。よく起こるヘルニアや、稀に起こるヘルニアなど色々とご紹介してまいりましたが、本日で最後にしようと思います。実際には、さらに珍しいヘルニアもありますし、詳細に分類すればまだいくつもあるのですが、代表的なものはご紹介し終わったのではないかと思います。

 

最後の今回は、「嵌頓ヘルニア(かんとんヘルニア)」と呼ばれているヘルニアです。この「嵌頓」ですが、これは、何かにはまりこんでしまって抜けなくなった状態のことを言います。ですので、どのようなヘルニアであるのか、だいたいの予想がつくのではないでしょうか?

 

このヘルニアは、孔や亀裂などから脱出した内容物が、脱出孔であるヘルニア門に締め付けられてしまい、元の状態に戻れなくなってしまった状態を言います。内臓部分もやはり締め付けられた状態が長期に及びますと、血流の流れが妨げられてしまいますから、そのまま放っておきますと壊死してしまうことになります。

 

ですから、そうならないためにも、なにか体内の不調を感じましたら、すぐに病院で検査を受けてみることが大切です。
体内のあらゆる部分に出来るヘルニアですが、脱出した臓器を完全に戻すことができる「還納性ヘルニア」と、完全に戻すことができない「不還納ヘルニア」に分類することも可能です。

 

不還納ヘルニアの偶発症に当たるのが嵌頓ヘルニアということになります。嵌頓ヘルニアは、足の付け根の鼠径部に出来やすいヘルニアです。脱出した腸が嵌頓した場合には腸閉塞となってしまいますから、注意が必要です。

 

突出する腹壁の穴が小さい場合には、腸が締め付けられて、血液の流れが妨げられる絞扼性腸閉塞となります。症状としては激しい痛み、吐き気、嘔吐など、腸閉塞の症状が出現し、早急に整復処置や手術をしなければ、生命に危険を及ぼします。