骨粗鬆症とは?

骨粗鬆症とは?

骨粗鬆症とは、骨の量が減少し、骨密度も低くなって、骨が変化してしまうことで、骨折しやすくなるなど、骨がもろくなってしまう病気のことです。骨というのは、古くなった骨を溶かして壊す細胞と新たに骨を作り出す細胞の二つの細胞のバランスが常に保たれています。

 

しかし、このバランスが崩れてしまうことによって、骨を溶かして壊す働きだけが強くなり、骨を作り出す働きが弱くなることで、骨の再生がついていけなくなり、もろい骨が作り出されてしまうのです。骨粗鬆症は、徐々に進行していくので、自覚症状が全くと言っていい程ありません。

 

大きな事故に遭った訳でもなく、ただ普通に転んだだけなのに骨折してしまい、検査をしてみると骨粗鬆症だったなんていうケースが比較的多くあります。骨粗鬆症になると、骨がもろくなるので、今まで簡単に持ち上げていたような荷物を持っただけでも、背骨を骨折してしまったりすることも多々あるのです。

 

一度背骨を骨折してしまうと、背骨の周囲の筋肉に影響を与えてしまい、慢性の腰痛などの原因になります。骨粗鬆症になる原因としては、カルシウムの欠乏はもちろんのこと、ホルモンバランスが崩れることも原因の1つなのです。

 

ですので、女性に多く見られる病気で、閉経後の60代の女性の約半数、70代女性の約6割が、骨粗鬆症をかかえていると言われています。だからと言って、男性が安心出来る訳ではありません。

 

予防するために、カルシウムをたくさん摂取したり、カルシウムの吸収を助けるビタミンD(しいたけに多く含まれています)を摂取するよう心がけて下さい。また、喫煙はカルシウムの吸収を妨げますから、喫煙している方は特に注意が必要です。

 

 

ヘルニアの種類(食道裂孔ヘルニア)

本日、ご紹介するヘルニアは「食道裂孔ヘルニア」です。名前から分かりますとおり、食道に関係するヘルニアです。これは、以前にご紹介いたしました「横隔膜ヘルニア」の一種と思っていただければ良いと思います。横隔膜ヘルニアの中でも、比較的、発症しやすいヘルニアが、この食道裂孔ヘルニアなのです。

 

横隔膜ヘルニアの記事内容を読んでくださったかたは、この食道裂孔ヘルニアがどのような症状であるのか、だいだい察しが付くのではないでしょうか?横隔膜という膜は、内臓を胸の部分とお腹の部分と上下に分けている膜でしたね。ですが、完全に分けてしまうと、飲食物が胃や腸まで降りていけなくなりますし、血管なども全身を循環しなくなってしまうということになります。

 

それで、横隔膜には、食道や太い血管を通すための孔が開いているのでしたね。そうです。この食道が通っている孔が食道裂孔というものなのです。そしてこの孔から、本来ならば腹腔内にあるべき胃の一部が胸腔側へ脱出している状態を食道裂孔ヘルニアと言うのです。

 

原因としては、生まれつきの場合もありますし、年を取って内臓が老化をすることによって身体中の組織が緩むと同時に、食道裂孔も緩んでしまい、食道裂孔ヘルニアになってしまう場合もあります。他にも、喘息もちのかたや、慢性の気管支炎のかたなど、頻繁に咳をするような病気のかたは、腹圧が上昇しやすいですから食道裂孔ヘルニアになりやすいのです。

 

しかし、このヘルニアはなんらかの不快な自覚症状がない限りは、ただ胃が上部に飛び出しているというだけで、問題はありません。胸やけや、痛みなど不快な症状があれば、医師の診察を受けて治療してください。