更年期障害とは?

更年期障害とは?

40代半ば〜50代半ばになると、女性ホルモンを分泌する卵巣の機能が低下したり、女性ホルモンのバランスが崩れたりします。これによって、のぼせや急激な発汗を感じたり、頭痛・腰痛・倦怠感などという症状が出ることを更年期障害と言います。

 

更年期に入る前のわかりやすい兆候としては、今まで規則正しくきていた月経の周期がとても短くなったり、月に2回が月経が来てしまったりと、周期が乱れ始めます。周期が短くなったり、長くなったりを繰り返していくうちに、閉経となるのです。

 

元々、肩こりや腰痛で悩まされていた方が、更年期に入ったことによって、更に症状が悪化したケースもあります。肩こりや腰痛の原因としては、背筋や腹筋の筋力が低下してきたり、ホルモンバランスが崩れてしまうことによって、骨盤の歪みを作り出してしまったり、本当に様々なことが考えられます。

 

運動不足なども、原因の一つとしてあげられるでしょう。肩こりや腰痛を解消するためにも、入浴中にマッサージをしたり、お風呂上りや寝る前にストレッチをしたりするのもいいですね。あとは、日常の生活で運動することを心がけるようにしていくといいかもしれません。

 

体のあらゆる部分に不調をきたす更年期障害ですが、体に不調があらわれるだけでなく、なんとなく考え過ぎて気持ちが落ち込んでしまったり、クヨクヨしてしまったり、鬱の状態に陥りやすくなるのも特徴です。ですので、日中にウォーキングをしてみてはどうでしょうか?

 

 

運動不足の解消にもなりますし、家の中に閉じこもっているより、外に出た方が気分も開放的になるはずです。症状が様々な更年期障害ですが、ご自身にあった解決策を見つけて、上手く付き合っていけるようにしましょう。

 

 

ヘルニアの種類(白線ヘルニア)

白線ヘルニア・・・これもまた、聞き慣れないヘルニアですね。このヘルニアには別名がついていて、それを「正中腹壁ヘルニア」と言います。以前に、腹壁ヘルニアのご紹介をしたことがありますね。白線ヘルニアを知る上で、そちらも参照していただきたいと思います。

 

さて、白線ヘルニアという症状は、白線と呼ばれています腹直筋筋膜に小さな隙間がありまして、そこから身体の内容物が脱出してしまうのです。腹直筋筋膜と言いましても、どのようなものか、察しがつかないかもしれませんね。

 

腹筋の上を走っていると言ったら良いでしょうか・・・筋肉の薄い繋ぎ目のようなものであり、腹膜のようなもの、もしくはその一種と思えばイメージしやすいかもしれません。強いて言えば、その部分にほころびが出来るという感じです。

 

そして、そのほころびから、内容物が出てきてしまうわけです。この白線ヘルニアは、壮年期の男性に多いのが特徴ですが、それほど患者数が多いわけではなく、稀なヘルニアであると言っても良いでしょう。普段は割と無症状であることが多いのですが、運動時などに痛みを感じることもあるようですね。

 

一般的な治療法は手術で、脱出してしまった内容物を適切に処置した後、白線を縫い合わせることになります。最近では、手術の技術も進歩してきましたので、入院日数は3日程度に短縮されてきています。

 

中には、日帰りでも可能というところもあるようですよ。お腹部分の手術ではありますが、それほど大がかりなものではないと言うことですね。