尿路結石症とは?

尿路結石症とは?

背中や腰にかけての強い痛みを感じるような場合には、「尿路結石症」と言った病気も考えられます。それでは、尿路結石症とは一体どんな病気なのでしょう。まず、尿路結石症は一つの症状についての病名ではなく、腎臓結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石などをまとめて、「尿路結石症」と呼んでいます。

 

つまり、字に表されているように、「尿路」に石ができる病気だと言えるでしょう。この石は、主に尿に溶け込んでいるシュウ酸カルシウム、リン酸マグネシウムアンモニウム、リン酸カルシウム、尿酸などから構成されています。これらが何らかの原因により結晶となって、石のように固まってしまうのです。

 

体内のクエン酸やマグネシウムなどの減少、カルシウムや尿酸濃度の上昇が主な原因と考えられていますが、約八割の尿路結石症が原因不明と言われています。尿路結石症の痛みは非常に強い痛みで、冷や汗や嘔吐、吐き気などを伴うこともあるでしょう。

 

それに、血尿として症状が表れる場合もあります。二対一以上の割合で男性が多く発症しており、その中でも特に三十代、四十代に多い病気です。石の発生を予防するためには、とにかく水分の補給が一番です。

 

尿の中のミネラル濃度を低くするために、一日2リットル以上は尿として排出することが必要となってきます。そのため、水分を多く摂ることが大切なのです。また、石は夜に作られると言われていますので、意識的に夕食後に水分を摂るようにすると良いでしょう。

 

 

ヘルニアの種類(頸椎ヘルニア)

頸椎ヘルニアは、頸椎椎間板ヘルニアと呼ばれることも多いです。といいますのも、頸椎という部分は、背骨のうちのもっとも上部・・・つまり首の部分を構成している骨なのですね。そして、それらは7つの椎骨からなっています。

 

第2〜7頸椎までは、それぞれの椎骨の間に椎間板が挟まっているのです。「椎間板ヘルニア」のところでお話したので、もうお分かりと思いますが、この頸椎の部分にあります椎間板が突出してしまった状態を頸椎ヘルニア、もしくは、頸椎椎間板ヘルニアと呼んでいます。

 

多くの面で、椎間板ヘルニアと同様です。椎間板の老化が基盤にありますが、それだけでもなく、頸椎への運動による負荷が加わることによって起こります。このため、頸椎椎間板の変性がある程度進んでいて、なおかつ頸椎への運動負荷の多い年代・・・つまり30〜50代あたりが発症しやすい年齢であるということになります。

 

もちろん、これ以外の年齢のかたでも、発症する可能性はあります。頸椎ヘルニアによって各神経が圧迫されますと、手足の痛みやしびれなどのさまざまな症状が出てきます。代表的な症状と言いますと、やはり首の痛みやこりでしょう。

 

脳に異常がある場合にも、手足のしびれという症状が出ますし、首のこりや痛みが肩こりと連動して慢性的になっているかたも多いでしょう。ですが、これらは頸椎ヘルニアである場合もありますし、万が一、脳の異常であったら、さらに大変なことになりますので、早めに医師に診てもらいましょう。