椎間板ヘルニアとは?

椎間板ヘルニアとは?

よく腰が痛くなったりするような方は、「椎間板ヘルニア」と言う病名を聞いたことがあると思います。けれど、腰に負担が掛かるような生活を送っていない方は、聞いたことがない病名かもしれませんね。それでは、椎間板ヘルニアとは一体どんな病気なのでしょう。

 

まず、背中の骨は全部で二十四個の椎骨と呼ばれている骨で構成されています。そして、その椎骨と椎骨の間には、「椎間板」と呼ばれている骨と骨とのクッション的役割を果たしている軟骨が挟まれているのです。この椎間板は、周りの硬い部分(繊維輪)と中心の柔らかい部分(髄核)とで構成されています。

 

椎間板ヘルニアとは、この椎間板の中心の柔らかい部分が周りの硬い部分を突き破って、外に飛び出した状態のことを指します。この外に飛び出した出っ張りが神経などを圧迫して刺激することにより、激痛や痺れとなって症状に表れるのです。椎間板ヘルニアを発症する原因として、

 

・腰を強くひねったりして、日常の動作で背骨に負担を掛けた
・椎間板自体の老化
・骨の老化
・背骨や骨盤の歪み、ズレ

 

などが挙げられます。

 

また、ヘルニアは三ヶ月〜六ヶ月くらいで自然に吸収されるケースもあり、吸収されると痛みも軽くなります。しかし、始めのうちは我慢できる痛みであっても、急に激痛に変化するかもしれません。腰に猛烈な痛みを感じたり、腰から足先にかけて痺れや痛みを感じたりしたら、まずは整形外科を受診することをお勧めします。

 

 

ヘルニアの種類(腹壁ヘルニア)

先天性の原因以外でも起こり得るヘルニアの場合、どなたであっても起こる可能性がありますから、決して人ごとではありません。「腹壁ヘルニア」についてご説明してゆきたいと思います。腹壁ヘルニアは、その名前のとおり、腹部のヘルニアです。

 

お腹の壁の弱い部分から、内臓が腹膜に包まれたままで脱出してしまう状態を言います。ですがそのように言われましても、内蔵がお腹の壁のどこに突出するのだろうと疑問に思うかたも多いと思います。最も一般的なものでは、腹部の手術をした場合の創傷部分に見られるもので、それを「腹壁瘢痕(ふくへきはんこん)ヘルニア」と呼んでいます。

 

手術により、腹壁を支える筋膜と呼ばれる強靭な膜に欠損部が出来ることで、ここから腹膜に包まれた内臓が突出してしまうのです。ごく普通の健康なお腹の状態で、ある日突然に内蔵が突出してくるということは、まず無いと思って良いでしょう。

 

腹壁ヘルニアでは、腹部表面がふくらんで見えることもありますが、見た目だけでははっきりしない場合もあります。ヘルニアの突出というのは、大概の場合、お腹の力を抜いたりすることで自然に元に戻ってくれるものです。

 

ですが、たまに突出したまま元に戻らなくなることもあって、その状態のことを嵌頓(かんとん)と言っています。