腰の痛み

ぎっくり腰の原因

人々を突然襲うぎっくり腰。何故、急に痛んでしまうのでしょうか?ぎっくり腰には様々な原因があり、それらが絡み合う事で引き起こりますが、大きなもので3つあると言われています。一つ目は筋肉の慢性的な疲労です。

 

日常生活の中で筋肉は使われ、疲労します。規則正しい生活習慣をしていれば日常的な疲労は回復するのですが、睡眠不足や運動不足など不規則な生活をしていると筋肉を回復させる機能が働かず、その疲労は回復しないまま、どんどん蓄積されてしまいます。

 

その蓄積した疲労がやがてぎっくり腰として現れるのです。二つ目の原因として挙げられるのが骨格が歪む事です。普段の生活の中で使う筋肉は限られてしまう事が多く、使う筋肉と使わない筋肉で負荷の差が生まれ、それが筋力のアンバランスになって骨格の歪みに繋がって行きます。

 

その結果、骨格の歪みが周囲の筋肉の負荷やバランスをも崩し、その崩れたバランスを立て直そうとする事で疲労が蓄積して、突然ぎっくり腰になってしまうのです。三つ目として考えられるのが急激な負荷のかけ過ぎです。

 

上半身と下半身を繋ぐ腰周辺に対し、止まった状態から急に動いたり、とある方向から全く逆の向きに急に切り替えたりする事が大きな負荷となり、ぎっくり腰を招いてしまいます。

 

この場合は、日常生活での小さな疲労が蓄積して起こるのではなく、大きな負荷が突発的にかかる事によって引き起こされます。ただし、いずれも根本的な原因ではないので、人間の数だけ原因があるという事をお伝えしておきます。

ぎっくり腰の予防

突然起こるぎっくり腰にならないように、未然に防ぐ方法はあるのでしょうか?どんな状況で起こるかは人それぞれですが、殆どの場合、腰の筋肉の柔軟性が減り、筋肉そのものが硬くなってしまっている事が多いようです。

 

その結果、わずかな負荷でも痛みを与えてしまう事になるのです。立ったままや座ったまま等、同じような姿勢を長時間せずに、合間に違う動きを取り入れる事で腰への負担を減らします。

 

猫背だったり、姿勢が良くなかったりすると、それだけで腰への負担が大きくなるので、日常生活において背筋を伸ばして正しい姿勢を保つ事も予防に繋がります。何か重い物を持ち上げるような場合、離れた所から持とうとすると、ぎっくり腰になってしまう事も多いです。

 

その作業を行う時は、体を近づけて抱えるようにして持ち上げ、腰に与える負担を少なくするようにすれば良いでしょう。そして、普段から簡単な体操やストレッチ等をしておくと、硬くなった筋肉を軟らかくし、筋肉疲労を和らげてくれます。

 

特に、お風呂に入った後や寝る前に行う方が効果的なようです。また、骨や筋肉を強くする為に、カルシウム・マグネシウム・タンパク質・ビタミンC等が含まれている食品を積極的に摂取し、栄養バランスの良い食生活を心掛ける事も必要です。

 

これらは日常生活の中ではごく小さな事ですが、その小さな事の積み重ねが重要になってくるのです。普段から意識する事で、ぎっくり腰になるかならないかが変わって来るのではないでしょうか?

ぎっくり腰になったら?

皆さんはぎっくり腰になった事はありますか?ふとした時に急激に腰に痛みが走り、動けなくなる症状です。ぎっくり腰はあくまで一般的な呼び名であって、医学的な病名ではありません。別名「魔女の一撃」と言われていて、その痛みは相当なもので、実際なった人にしかわからないようです。

 

もう二度と同じ痛みは味わいたくないと思う程だそうです。ぎっくり腰は人によって痛める部分が異なり、痛め易い部分として大きく三つに分けられます。

 

一つ目は仙腸関節で、臀部辺りに痛みが出て、太ももの裏側やふくらはぎにも痛みが走るようです。

 

二つ目は腰椎で、腰の中心部に痛みが走り、下肢にも痛みが出るでしょう。

 

三つ目は背筋及び筋膜で、背筋や線維性の膜で覆われた筋肉そのものに痛みが走ります。これは仙腸関節や腰椎が損傷した結果、痛んだものと考えられます。

 

何の前触れも無く、突然動けなくなるような激しい痛みに襲われたら、誰でもパニックになってしまいますよね。では、もしぎっくり腰になってしまったらどうすればいいのでしょうか?もちろん、医者に診てもらうのが一番良いのですが、その他に、自分で何か出来る方法はあるのでしょうか?

 

まずは、痛みが走ってから三日間は無理をせず、安静にする事が重要です。無理をして動かしたり、体操をしたりすると、良くなるどころかかえって治りが遅くなってしまいます。

 

ぎっくり腰は炎症と同じようなものですので、温めずに氷と水で患部を20〜30分程度、2〜3時間おきに冷やすと痛みが軽減されるようです。安静にしていれば数日で良くなりますが、それでも動けなかったり、軽減されないようであれば医者にきちんと診てもらうべきですね。