ヘルニアの種類

ヘルニアの種類

一言で「ヘルニア」と言っても、色々な種類があるのをご存じでしょうか?ここでは、ヘルニアの種類について述べていきたいと思います。

 

まずは赤ちゃんが罹る「臍ヘルニア」です。これは、赤ちゃんはへその緒が取れたばかりの時に、お腹に力を入れて泣こうとすると、腸が盛上がってきて、臍を押し上げる事があります。これを「臍ヘルニア」と言います。

 

次に「大腿ヘルニア」ですが、内臓の一部が飛び出してきて元に戻らない状態の事を「大腿ヘルニア」と言います。

 

「食道ヘルニア」というのもあり、これに罹ると食べ物が逆流したり、つかえたりするなどの症状が出てきます。食道ヘルニアは、X線検査や内視鏡検査で判断出来るようになっています。

 

「横隔膜ヘルニア」というヘルニアもありますが、これは横隔膜が損傷したり、破裂した場合に起こるヘルニアで、事故などが原因となって起こるので「外傷性ヘルニア」とも呼ばれています。

 

また、横隔膜ヘルニアにはもう1つの種類があり、「非外傷性ヘルニア」と言われていますが、これは肥満や妊娠などで横隔膜への負担が掛かって起こるヘルニアです。

 

他にも、「胃ヘルニア」「脳ヘルニア」「小児ヘルニア」などがありますが、みなさんが一番良くご存じなのは、「椎間板ヘルニア」だと思います。

 

「椎間板ヘルニア」は、腰に大きな負担が掛かって起こるもので、腰が曲がりにくくなったり、腰を曲げると足がしびれたり痛んだりします。酷くなると手術が必要にもなる怖い病気です。

 

 

ヘルニアになった方のストレッチ

どうも腰のあたりの痛みがひどくて病院へ行ってみたら、椎間板ヘルニアだと言われてしまった・・・そのようなかたは多いでしょう。まさか、自分が椎間板ヘルニアになるなど、常日頃から思うかたはいないでしょうからね。ですが、もうなってしまったものは仕方がありません。

 

重症の場合には、手術ということもありますが、まだそれほどでもない場合でしたら、ご自分で行うストレッチなどで改善させることは可能です。ただし、早く治したいからといって、決して無理をしないようにしてください。毎日続けてゆくことで、身体は少しずつ柔軟になってゆくものですから、一度にたくさんするよりも、少しずつ無理をしない程度に、毎日継続するのがもっとも望ましいのです。

 

ストレッチの仕方そのものは色々とあり、それは書籍などにも載っていますし、インターネットでもすぐに見つけることが出来るでしょう。写真や、図入りのものを見て、ぜひやってみてください。あまりにも色々な種類がありますから、ここではストレッチのやり方そのものはご説明しませんが、ストレッチを行ううえでの注意点などをお話しておきます。

 

ストレッチは、激しい運動ではありませんから、行う時には勢いをつけることはありません。また、息を止めることもなく、ゆっくりと呼吸をしながら行います。息を吐きながら患部を伸ばしてゆき、痛みの無いところでしばらくとめて、今度は息を吸いながら、元に戻してゆきます。

 

これを、ゆっくりとした動作で、5〜6回続けるだけです。動作においても、あれもこれも行う必要はありません。続けて出来そうだと思う動作を、いくつか選んで毎日やってみましょう。