椎間板ヘルニア

ヘルニアに有効なブロック注射・低周波治療

ブロック注射や低周波治療は、ヘルニアに有効であるといわれています。まずはブロック注射についてですが、これはヘルニアの上部、脳に近いところに麻酔を行う方法となります。脳に痛みの信号が届くのをブロックすることから、ブロック注射と呼ばれています。

 

ブロック注射の良いところは、何よりヘルニアの痛みに悩まされることがなくなるということです。痛みにより体を動かすことができない状態でいると筋肉が弱くなり、余計にひどくなるという事態を招くのですが、このような負のサイクルを解消できます。

 

さらに、ブロック注射の効果がなくなり痛みが再発したとしても、多くの場合は最初より痛みの度合いが軽くなっているようです。ただ、ブロック注射は注射自体の痛みが相当にありますし、注射を神経系のあたりにするため、事故の可能性があるというのが厄介なところです。

 

それから、どの程度薬が効くのかというのは人それぞれとなります。このため、注射をしたあとどれぐらいの期間に渡り痛みから解放されるのか、痛みが再発した場合にどのぐらい痛むのかなどは、この治療を受けてみないと分からないのです。

 

次に低周波治療に関してですが、これも脳に痛みを伝える信号を逆手にとった方法となります。脳に痛みを伝えるのは電気信号なのですが、この電気信号を意図的に発生させて、脳に痛みが伝わるのを妨げることが可能となります。

 

低周波治療の良いところとしては危険性があまりないことや、多くの場合に痛みを抑えられることなどを挙げることができます。特筆するような難点がないことも、低周波治療の良いところといえるでしょう。

椎間板ヘルニア以外の手術

椎間板ヘルニア以外の手術方法を紹介していきますので、順番に確認していきましょう。鼠径ヘルニアの手術の代表的な方法にはメッシュ&プラグ法と腹腔鏡下法が挙げられます。メッシュ&プラグ法は人工器具を入れることにより穴を狭くする方法となります。

 

痛みや身体にかかる負担があまりない、早期の社会復帰が見込めるなどの魅力がありますが、この方法が適さず、選択できない場合もあります。腹腔鏡下法は、内視鏡を使用しての遠隔操作によって、必要な箇所に人工器具を入れる方法となります。

 

メッシュ&プラグ法と一緒の魅力がありますが、全身麻酔が選択されることがある、手術時間が長くなりやすい、手術の費用が高めになるという点には注意が必要です。臍ヘルニアの手術は、要らない皮膚の切除を行い縫合し、適宜おへその形を作る方法となります。

 

縫合跡はおへその中にあるため見た目を損なわず、治療後に再発するリスクもほとんどありません。横隔膜ヘルニアの手術は、先天性の場合、生育時に実現することのなかった横隔膜を塞ぐ方法がとられます。食道裂孔ヘルニアの手術は、開腹後に食道裂孔を狭くする、胃や食道の固定を行う開腹手術や、内視鏡を使用しての腹腔鏡手術があります。

 

食道裂孔ヘルニアのうち傍食道型、出血や反対に血液が循環しないなどの症状があるとき、深刻な合併症を引き起こしたときに手術が選択されます。脳ヘルニアの手術は一刻を争い、開頭することにより圧迫の元凶となる浮腫や出血などを排除する方法がとられます。