椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアの髄核減圧系手術

椎間板ヘルニアの手術には、髄核減圧系手術という方法があります。髄核減圧系手術は、椎間板ヘルニアによりはみ出た髄核が神経を圧迫するのを和らげようとする方法となります。この髄核減圧系手術にはレーザー治療法と経皮的髄核摘出術という種類があります。

 

レーザー治療法は経皮的髄核減圧手術(PLDD)といわれることもあり、高出力のレーザーを使用し髄核を焼き、椎間板内の圧力を抑える方法です。レーザーを当てるための穴は小さいもので済み、切開しなくても良いところが強みになります。

 

さらに、切開を行わないため大抵30分以内と短い手術時間で済み、患者の体への負担が軽くなります。ただ、この手術が有効でないヘルニアがあることや、保険が適用とならないため高額な費用が必要になるという点には注意しなくてはいけません。

 

一方の経皮的髄核摘出術はPN法とも呼ばれ、椎間板内から髄核を必要な分だけ摘出する方法となります。この方法を実施することにより、椎間板内の圧力の低下を図ることができます。圧力が低下した髄核は空気の入っていないタイヤのように柔軟になり、これが圧迫を和らげることに通じます。

 

この方法も大抵1時間以内の手術時間しか要さず、局所麻酔で良いため、患者が受けるダメージが抑えられるという強みがあります。

 

また、レーザー治療法とは異なり保険が適用となる点は見逃せないでしょう。しかしながら、この方法が有効ではないヘルニアがあること、これまで椎間板ヘルニアの手術を受けた人には向かないなど、適応条件が色々とあることには注意が必要でしょう。

暮らし方でヘルニアを未然に防ぐ

色々と注意しながら日常生活を送ることにより、ヘルニアを未然に防止するのに役立ちます。まずは姿勢についてですが、これが悪いと複数の種類のヘルニアを引き起こしやすくなります。理想的な姿勢というのは、横から背骨を見たときに柔らかいS字型をしています。

 

これは、腹部の後ろの腰椎が若干前に出て、首の骨の頚椎を少し後ろに引いた状態となります。また、背中のほうから背骨を見た際に真っ直ぐになっていて、両肩や骨盤の高さが一緒になっているのがベストです。次に、食生活が乱れていてもヘルニアを引き起こしやすくなるため、この点も改善することが大切です。

 

肥満体型は良くないので、ダイエットに取り組むとヘルニアの予防に繋がりますが、過度なダイエットは禁物です。また、栄養不足に陥らないようにバランスの取れた食事を摂ることを心掛けましょう。これらの他、日常生活における動作に注意することも、ヘルニアの予防に効果的です。

 

まず、重いものを持つような場合には、前傾姿勢で持たないようにすることが大切です。重いものを持つなら片方の膝をついて、ものを持ったら背中はできるだけ伸ばすようにしましょう。あとは足の筋肉の力により持ち上げるようにすると、負担が軽くなります。

 

しかし、過度に重量のあるものを持とうと力を込めると、ヘルニアの症状がひどくなるような場合がありますから、無理をすることなく誰かに頼みましょう。また、いきなり身体をねじる動作をしたり、日頃使用しない部分を動かしたりすることも良くないので、これらの動作も避けるようにしましょう。