椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアの髄核摘出系手術

椎間板ヘルニアの手術方法には、髄核摘出系手術という種類があります。この手術は、はみ出した髄核を切除する方法となります。髄核摘出系手術には、ラブ法と内視鏡下ヘルニア摘出術という方法があります。

 

ラブ法はLOVE法と表記されることもあり、背中側を何センチか切開し、腰椎部分を必要な分だけ削り、そこからはみ出した髄核を取り除きます。従来は目視により実施されていましたが、現在は顕微鏡を併用し、傷跡がさらに小さくなるように手術を行う、マイクロラブ法と呼ばれる方法もあります。

 

このマイクロラブ法の場合は10日くらい、ラブ法の場合は10〜20日くらいの入院をしなくてはいけません。全身麻酔を行わなくてはいけないなどの注意点がありますが、はみ出した部分を取り除くので、確実に効果が得られるのが良いところです。

 

一方の内視鏡下ヘルニア摘出術は、MED法とも呼ばれる方法です。内視鏡や外筒という器具が入るぐらいの大きさを切開して、内視鏡の画像を確認しながら外筒を駆使してはみ出した髄核を取り除きます。ラブ法と比較して傷口が大きくないので、患者への負担が軽くなるというのが良いところでしょう。

 

しかしながら、内視鏡下ヘルニア摘出術の手術そのものが難しいため、取り扱っている病院はあまり多くないというのが厄介なところです。ちなみに、手術ということで保険のことが気になるという人もいるでしょうが、ラブ法と内視鏡下ヘルニア摘出術のいずれも、適用となります。

椎間板ヘルニアにはどのような症状があるのか?

椎間板ヘルニアにはどのような症状があるのか、初期症状から段階を踏んで確認していきましょう。まず椎間板ヘルニアの初期症状についてですが、このひとつとして30分間に渡り立ったり座ったりすることすら苦しくてできないという状態に陥ります。

 

他にも前傾姿勢になると痛みがある、座った状態で脚を前方に伸ばす動作が苦しい、椅子から立ち上がるのが辛いという症状も出ます。感覚にも影響を及ぼし、脚に触れてもあまり感覚がなかったり、体を動かしているときに足が重たく、反応が悪い感じがするということも起こります。

 

また、こうした初期症状のあとには、さらにひどい症状が認められるようになります。椎間板ヘルニアの主要な症状のひとつとしては痛みを挙げることができ、腰椎というよりお尻から足にかけて痛みを感じる割合が高くなります。

 

というのも、これは坐骨神経が圧迫を受けることがよくあり、絶対にとはいかないものの坐骨神経痛が認められるようになるからです。なお、痛みの出方に関しては個人差があります。この他、主要な症状としてはしびれを挙げることができます。

 

痛みを感じるほどではないものの、症状がある場合は、しびれを自覚するといわれています。常にしびれがあるようなら、運動神経が圧迫を受けている疑いがあるでしょう。症状が進行すると、歩行困難やマヒに繋がる場合があります。

 

また、代表的な症状には感覚の喪失も挙げることができます。触れても感覚がない、体温のコントロールがスムーズにいかず足が冷たいなど、下半身のあらゆる感覚が失われます。