椎間板ヘルニアの治療法の種類

椎間板ヘルニアの治療法の種類

日本人は椎間板ヘルニアで悩む方が多いようですが、椎間板ヘルニアの治療法の種類にはどんなものがあるのでしょうか?
椎間板ヘルニアの治療法としては、薬で治す薬物療法やリハビリで治す理学療法・物理療法がありますが、症状がひどい場合には手術が必要な場合もあるそうです。

 

薬やリハビリで治す治療法を「保守的療法」と呼び、手術で治す治療法を「手術療法」と呼びます。椎間板ヘルニアの約90%が保守的療法で治ると言われています。保守的療法の方法としては、とにかく安静にする事が大切で、まず痛みの強い1〜2週間は硬めの寝具を使用してもらいます。

 

この方法で、たいていの膨隆型椎間板ヘルニアの場合は痛みが和らいできます。それと併用して痛み止めや炎症を抑える薬を使い、痛みを減らしていきます。そして痛みが軽くなってきたら、次は極超短波とホットパックという温熱療法に入ります。

 

もう一つの椎間板ヘルニアの治療法の手術療法ですが、手術を行って症状が良くなってきたら、2〜3ヶ月は軟らかいコルセットを使用します。また手術の効果があらわれてきて膨隆型の椎間板ヘルニアが楽になってきたら、弱った筋肉を元に戻す目的で腹筋などの運動をして筋力アップをしていきます。

 

椎間板ヘルニアには、膨隆型と脱出型があり、脱出型になると、治療法は手術以外にありません。脱出型ヘルニアの場合は、一刻も早く病院に行き、医師に相談した方が良いでしょう。

 

 

椎間板ヘルニアの手術

非常に言いにくいことではありますが、椎間板ヘルニアの手術というのは、必ずしも安全な手術であるとは言えないものなのです。万一の場合には、後遺症を残すことも考えられますし、合併症の発症もあり得ます。ですから、より良い医師に手術をお願いしたいと思うでしょうが、その希望も皆さま同じですから、なかなか難しいものがあります。

 

椎間板ヘルニアの手術も、やはり色々なやり方があります。昔ながらの切開手術もありますし、レーザー手術や、最先端の最小侵襲手術(内視鏡下手術、顕微鏡下手術など)もあります。長年の経験を積んだ切開手術専門の医師にお願いするか、経験が少ないながらも最先端の手術に希望を託すか・・・そのようなことも最終的には患者自身が決めなくてはなりません。

 

最小侵襲手術のほうは、傷口も小さくてすみますから、切開するのに比べますと早く退院することが出来るというメリットがあります。しかし、日本国内において、この手術をするにあたって高い技術を持っている医師は、患者数と比較してかなり少ないのが現状です。

 

この技術が高く、日本から一番近い国は韓国です。多数の患者も受け入れていますが、海外での手術は保険がきかないのが難点ですね。ですが、これからは日本でもどんどん最先端の技術を取り入れ、それに見合った医師も増えてくることでしょう。

 

しかしながら、椎間板ヘルニアにも手術の方法はいくつもあり、その手術法によって色々と変わってきます。ですので、ここでお話いたしますのは、ごく一般的なことのみになります。多くの場合の手術は、麻酔をしてうつ伏せになり、背中側から行われます。

 

切開する場合でも、内視鏡でも、ほとんどの場合がそうですが、ごくたまに前側から切開する場合もあります。背骨部分の手術となりますから、背中側から行う場合が多いのは当然と言えば当然ですね。手術法によりましては、日帰りが可能な方法もありますが、だいたいは一週間から十日くらいの入院が必要となります。

 

昔ながらの切開する方法の場合には、入院が7〜8週間程度かかります。神経が通る脊柱管が狭くなった場合や、ヘルニアになってしまった部位が大きい場合には、この手術法が適用されます。手術の後は、安静にし、コルセットをがっちりと装着して、起き上がるのは翌日です。

 

椎間板ヘルニアの手術の後では、すぐに歩行器を用いながらゆっくりと歩行を開始いたします。腹筋や背筋を強化するための運動も早めに開始したほうが良いです。この辺は、医師の指示があると思います。手術後7日目に抜糸が行われ、手術後一週間から二週間経ったころに退院出来ることでしょう。

 

その後も外来で2〜3週間に一度は病院へ通うことになると思います。その後の神経症状のチェックや、腰椎エックス線撮影を行わなくてはならないからです。コルセットは手術後3週間程度過ぎたら外しても良いと言われるでしょう。