針治療の保険

針治療の保険

針治療は治療費が高いと思っている人が多いようですが、実際には健康保険の適用を受けることができます。
保険を活用することによって、費用を抑えることができますから、気軽に針治療を受けてみてはどうでしょうか?
針治療の効果は多くの人が認めています。

 

しかし、1回だけですぐに効果が表れるわけではありません。
やはり、2,3回、多ければ5,6回の治療を受ける必要があるのです。
保険の適用を受けることができる症状などを紹介しましょう。

 

各種神経症は、坐骨神経痛、顔面神経痛、肋間神経痛などがありますが、すべて健康保険が利用できます。
それから、腰痛全般です。
腰が痛いとか腰が重いと言った症状であり、病名としては変形性腰痛症などがあります。

 

年齢とともに体が硬くなることによって起こる症状もあります。
五十肩は肩が痛くなり、腕を上げることができなくなるものです。
その他にもいろいろとありますが、覚えてほしいのはどれも針治療の対象となる症状なのです。

 

針治療は東洋医学の流れを汲むものです。
ちょっと神秘的なイメージがありますから、その効果を疑っている人もいるようです。
しかし、針灸院などで針治療を受けたことのある人は、効果を疑ってはいませんね。

 

あなたが腰痛や神経痛で悩んでいるのであれば、針治療を考えてみてはどうでしょうか?
ダメもとでもいいのです。
腰痛をずっと我慢しているよりも、針で楽になるのです。

 

針を刺す時には痛くありません。
安心して治療を受けることですね。

 

 

針治療の特徴

針治療を考えている人にその特徴を紹介しましょう。
ご存知かもしれませんが、針治療はその名の通り針を体にさして治療するものです。
その効果は血行を良くすることによってもたらされます。

 

針治療を行うと、体の中の針を刺した部分を傷めることになります。
そこにはツボがあります。
傷めた部分を修復しようとする体の機能が血行を良くするのです。

 

それにより肩こりや腰痛、筋肉疲労などが回復すると言うメカニズムです。
針治療は東洋医学の流れですが、様々な流派があります。
そのために、実際に針治療を受けようと考える時にはどの医院に行くかを考えておかなければなりません。

 

針治療で体の調子がよくなると感じている人は多いようですが、治療をした当日よりも2,3日後に効果を感じている人の方が多いと言われています。
それは先ほど述べた体の傷を修復するために、体の血行が良くなるからです。
針を使うことによって、局部的に血行を良くすることができます。

 

通常のマッサージなどと異なっているのは局部的な効果を与えることです。
そして、針そのものが治療をするのではなく、体が本来持っている修復機能を引き出すだけの役割をしていることです。
針治療を行う時には患者本人の体の調子がどのようであるかが非常に重要となります。

 

それによって、どの部分に刺激を与えればよいのかが決まってくるからです。
また、針の長さは長いですから、患者の状態に応じて浅く刺したり深く刺したりします。
あなたも針治療を受けてみますか?