針治療の副作用

針治療の副作用

針治療によって体の痛みを取り除くことができます。
しかし、その効果は人によって異なりますから、すべての人が針治療で治ると考えるべきではありません。
また、針治療によって副作用があると考えている人もいるようですが、明確な副作用は知られていないようです。

 

通常の針治療では週に1回程度を数週間行います。
また、症状によって週2回とか、一日2回行うケースもあるようです。
針治療を行う場合にどのような方針で行くかは症状などを総合的に見て判断することになります。

 

針治療を行った当日や翌日は体のだるさや倦怠感を感じる場合が多いようです。
特に初めてであれば、なんだか余計に悪くなったように感じるかもしれません。
しかし、その後から効果が表れてきます。

 

ぐっと体が軽くなり痛みも引いてくるでしょう。
針治療の効果は数日間継続します。
針によって傷をつけられた部位が修復しようとして血行が良くなるからです。

 

修復してしまうと効果が切れたと言うことです。
腰痛などの痛みが消えるまで治療を行うことになりますが、週1回の通院でいいでしょう。
針治療院の中には毎日治療を受けさせるところもあります。

 

どのような針治療院がいいのかはわかりませんが、多くの経験を積んでいる人を選択した方がいいでしょう。
経験の浅い治療師に当たってしまったら、別の病院に変えた方がいいかもしれません。

 

インターネットなどでは自分の治療実績などを公開しているところが多いようです。
それを見てから針治療を始めてもいいかもしれません。

 

 

針治療とアトピー

アトピー性皮膚炎で悩んでいる人は多いのではないでしょうか?
病院に行ってもステロイド系の塗り薬をもらうだけですから、諦めるしかないようなものです。
それが針治療によって治ることがあると言うことです。

 

針治療の効果は神経痛や腰痛などの整形外科の分野の症状を和らげると考えられますが、実は皮膚科の領域にも効果があるのです。
針治療ではツボに針を刺すことがあります。
また、痛みの発生している患部にも針を刺します。

 

針治療がどのようにして痛みを解消させているのか、はっきりしたメカニズムはわかりません。
しかし、それが体の働きを活性化させ、新陳代謝を促していることは間違いないでしょう。
その体の働きがアトピーなどを改善させる効果を持っているのです。

 

あなたも針治療を受けているのであれば、痛いところだけではなく体中の調子がよくなっている気がしませんか?
元々、針治療は血行を良くすることによって治療しようと言うものです。
血行が良くなれば、いろいろなところに良い効果をもたらすのです。

 

西洋医学では治すことができないような病気が針治療によって治るケースはよく見られます。
西洋医学が症状に対して、直接働きかけようとするのに対して、東洋医学は体の中のつながりの部分を刺激することを目的としているからでしょうか?
人の体の生命力は素晴らしいものがあるのです。

 

自然治癒力によって、体は健康になろうとするのです。
針治療が注目を集めるようになってきたのは、多くの人が認め始めたからでしょう。