坐骨神経痛と針治療

坐骨神経痛と針治療

坐骨神経痛は座っているとお尻が痛くなってしまう病気です。
また、ひどい場合は立っていられなかったり、歩けなくなったりします。
特に椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛は激痛のために夜も寝られないことがあるのです。

 

睡眠不足のために多くの人が悩んでいるのです。
それから、長い時間歩いていると腰や足のしびれが出てくるのは脊柱管狭窄症が原因の坐骨神経痛です。
その他にも妊娠による坐骨神経痛の場合もあるようです。

 

このような坐骨神経痛は針治療を行うことによって、痛みを和らげることができます。
痛みの原因は腰と坐骨の神経が圧迫されているためです。
その部位は体の奥ですから、通常の治療では痛みを取ることができません。

 

針治療であれば患部に届かせることができます。
針治療の効果は多くの人が認めています。
激痛の場合はまず痛みを和らげることが大切です。

 

十分な睡眠がとれるようにしてやらなければなりません。
即効性のある針治療が多くの人を助けているのです。
針治療の実績などはインターネットの各針治療院のページに掲載されているようです。

 

針治療の効果がどの程度なのかを知ることができるのです。
あなたが坐骨神経痛であれば、針治療を受けてみませんか?
ひどい痛みに悩まされることはないのです。

 

西洋医学では神経痛を治すことはできません。
それが限界なのです。
東洋医学から発生した針治療の効果は実績が物語っているはずです。
神経は体の奥にあり、その働きが鈍ることによって痛みを感じるようになっているのです。

 

 

針治療の目的

坐骨神経痛は東洋医学的に見て、二つに分けられます。
それは針治療の効果が期待できる坐骨神経痛と効果がない坐骨神経痛です。
神経痛の症状とは無関係な区分けです。

 

このことを理解したならば、針治療を受ける時の目的がはっきりします。
神経痛を治そうとして針治療を受けたとしても、自分の場合がどちらに当てはまるかわからないのです。
針治療は万能な方法ではないと言うことです。

 

針治療の効果がない坐骨神経痛とはどのようなものでしょうか?
正確には針灸師によって意見が分かれるのだそうです。
失禁を伴うような重度の神経圧迫がある場合は針治療の効果が期待できないと言われています。

 

また、糖尿病や血管疾患を持っている人の場合も効果がありません。
それから、癌や腫瘍が原因の坐骨神経痛です。
針治療を受けるよりも、通常の病院での治療を考えるべきでしょう。

 

多くの人が坐骨神経痛に悩んでいると思いますが、針治療の目的は根本原因を取り除くことができるわけではありません。
神経系やツボを押さえることによって、改善するような症状だけが針治療の対象と考えるべきです。
しかし、自分でその症状を確認できるわけではありません。

 

そのためには一度針治療を受けてみることです。
診察してもらうことで、見えてくることがあるのです。
針灸は東洋医学によって確立された方法です。

 

西洋医学とは根本的な考え方が違っています。
そのために、治療の効果について疑問を持っている人も多いのかもしれません。