針治療とぎっくり腰

針治療とぎっくり腰

ぎっくり腰になったら、歩くことはおろか、立ち上がることさえできない時があります。
そのような人には針治療が効果的だと言われています。
針治療が即効で効くのです。
ぎっくり腰の原因は神経のずれによるものです。
その痛みは数日続きますから、針治療も数回受けなければならないでしょう。
そのための回数券などを発行している治療院もあるようですね。
ぎっくり腰がくせになってしまうと、ちょっとしたはずみに痛みを覚えてしまうこともあるのです。
日ごろからマッサージなどをして、体を鍛えておくことが大切ですね。
あなたはぎっくり腰になったことがありますか?
針治療とぎっくり腰の関係について考えてみましょう。
針治療は体の中の血行を良くすることが目的です。
また、リンパ液の流れも促進されます。
血行が良くなると言うことは、新陳代謝が活発になり、痛みの元がなくなっていくことになるのです。
ぎっくり腰に対する効果は即効性が求められます。
湿布などをしても逆効果になるケースもあるのです。
とりあえずは動けるようにならないと、何もできませんよね。

針治療はツボに刺す場合と、患部に刺す場合があります。
ぎっくり腰の場合は患部に刺すことになります。
また、針治療の効果を高めるためには、なるべく早く治療を受けることが大切です。
時間が経てば、治るのにも時間がかかると考えておきましょう。
ぎっくり腰でも立てるようになれば、それだけでもかなり楽になれます。
私たちの体は痛みを和らげることができるようになっているのですね。

 

 

針治療とマッサージ

針治療は整形外科などで痛みを感じている場合に行われることが多いようです。
もちろん、針治療にはその他の効果もあります。
針治療院では針と灸、マッサージを行っている場合が多いのです。

 

それらを併用して、患者の痛みを和らげてくれるのです。
針治療が得意とするのは、血行の悪い体をよくすることです。
血行が良くなれば、体全体の調子がよくなります。

 

それは腰痛や肩こり、膝の痛みと言った症状だけではありません。
アトピーやダイエットにも効果があるのです。
あなたはどのような悩みがありますか?

 

腰痛で仕事ができなくなってしまった人もいるでしょう。
完治するまで、通院しない人もいるようです。
針治療することによって痛みがなくなるからです。

 

しかし、しばらくするとまた痛み出すのです。
針治療が痛みの原因をなくしてくれるわけではありません。
それはマッサージでも同じことです。

 

時には内臓などの病気が原因で腰痛になることもあります。
そのような場合はもちろん病気を治すことが必要です。
針治療がすべてに効果的なわけではないからです。

 

東洋医学ではマッサージも行われています。
特にリンパ腺のマッサージです。
テレビなどで見たことがある人もいるでしょう。

 

針は痛いと思っている人がいまだにいますが、それは知らないだけのことなのです。
注射のような痛みはありません。
刺す時にちょっとだけチクッとします。

 

でも、それさえ気づかない人もいるのです。
肩こりや肉離れなど自然治癒力が必要とされる症状ならば東洋医学が得意とする分野です。