ぎっくり腰

接骨医のぎっくり腰治療法って?

接骨医で行われているぎっくり腰治療法は、古来の剣術や柔術における治療術を引き継ぎながら確立された、日本特有の伝統医療です。そして、「骨つぎ」とも呼ばれて、古くから人々に親しまれてきました。

 

現代では、東洋医学の利点とともに西洋医学の論理的かつ体系的な医療法も取り入れられ、低・高周波や超音波などの電子医療機器も導入されています。 そのため、骨折や腰痛のほか、さまざまな疾患の補助的医療として安定的な評価を得ています。

 

接骨医が取得する「柔道整復師」という資格は国家資格で、生理学のなかでも特に解剖学についての知識が深いという特徴があります。ですから、ぎっくり腰になったときには、初期の炎症を鎮める目的ではなく、回復期の痛みの軽減のために接骨医を活用するとよいでしょう。

 

ただし、ぎっくり腰になってからの安静治療で、激しい痛みがほとんど改善されていない場合には、念のために整形外科で骨に異常がないかどうかの検査も受けましょう。脊椎自体に心配な点がないと確認しておくと、接骨医の治療がより的確に受けられ、その効果もアップします。

 

ぎっくり腰になった後の腰の保護方法や再発防止、また、慢性的な腰痛の緩和なども、接骨医が得意とする治療です。

 

腰のコルセットや矯正テープなども、自己流で装着するよりも接骨医の指導を受けると適切に行えてよいでしょう。なお、接骨医で行われるほとんどの治療には各種保険が適用されるため、費用負担の心配は少なくて済みます。

 

⇒ ぎっくり腰には福岡で1カイロプラクティックのトレーニング法

保護して痛みを和らげる

ぎっくり腰になったときの激痛を少しでも和らげるためには、腰を保護して安定させるとよいでしょう。専用のコルセットやベルトで固定できればそれがいちばんよいのですが、ぎっくり腰は思わぬときに突然なるものですから、すぐに用意できないことも多いでしょう。

 

そこで、家庭にある身近な物を使って、腰を保護する方法をご紹介しましょう。

 

・バスタオル
風呂上がりに腰に巻くのと同じようにして、少しきつめに腰に巻くとよいでしょう。バスタオルのサイズが小さいときには、三角に折って斜めのラインを腰に巻き、結び目は作らずに洗濯バサミで留めましょう。

 

・ラップ
下着の上からでよいので、ラップをぐるぐる巻きにすると腰が安定します。トイレのたびに毎回新しく巻き付けるのはもったいないので、最初に巻き着けたラップはハサミでタテに切って外します。そして、二回目以降はガムテープで貼り合わせると再利用できます。

 

・ビニール袋
ゴミ出し用の大きなゴミ袋を三角に折って、斜めのラインを腰に巻くのもおすすめの方法です。ほかにも、和服の下帯や子どもの浴衣用の帯なども、腰のコルセットに代用できます。

 

これらの方法は、外出先などでぎっくり腰になった人を助けるときにも役立ちます。ぎっくり腰になった人の体を動かそうとすると非常に痛がって大変なので、まず先に腰を保護して、少し休ませてあげるとよいでしょう。

 

なお、ぎっくり腰だけでなく腕や脚の捻挫、骨折の応急手当としても応用できるので、覚えておくと便利です。

 

⇒ ぎっくり腰には福岡で1カイロプラクティックのトレーニング法