ぎっくり腰

ぎっくり腰で立てるようになったら

ぎっくり腰になってから二日半くらい経過すると、一人でつかまり立ちができるようになります。トイレに行ったときを利用して、柱などにつかまりながらゆっくりと立ち上がってみましょう。

 

最初は、家族に腰を支えてもらうと安心です。動きにつれて感じる痛みがあまりひどくなければ、つたい歩きをしてみましょう。歩けそうな気がしてくると、両手を離して歩きたくなるかもしれませんが、もうしばらくはがまんが必要です。

 

トイレへの行き来くらいの距離でも、ぎっくり腰でダメージを受けた腰への負担はかなり大きいので、必ず壁に手をつきながら歩くようにしましょう。つたい歩きがスムーズにできるならば、体重のかけられる椅子やテーブルにつかまって、ひざの曲げ伸ばし運動を始めましょう。

 

最初はかすかに曲げる程度から始めて、少しずつ角度をつけていきます。腕にかかっていた体重が少し軽くなる感じがしたら、手を離して立ってみましょう。両脚で立ってみて、ズキッとした痛みがないならば、足の位置を動かして体の向きを変える練習をしましょう。

 

右回り、左回りがスムーズに行えるようになったら、いよいよ歩く練習です。最初は歩幅を狭くして、すり足のような歩き方で歩いてみるとよいでしょう。そして、ぎっくり腰から三日目くらいには、うそのように痛みが引いていきます。

 

なお、歩行練習ができる頃には、炎症がおさまっていると考えられるため、腰を冷やす必要はありません。今度は、脚の付け根を温めて、血行促進をはかるとよいでしょう。カイロプラクティックや整体などで、ぎっくり腰に対応した施術を受けるのもおすすめです。

 

⇒ ぎっくり腰には福岡で1カイロプラクティックのトレーニング法

ぎっくり腰の症状

ぎっくり腰の激痛は、腰骨周辺の筋肉の繊維が裂けたために起こる炎症や腰のじん帯の捻挫によるものです。その両方が重なると痛みはさらに強まり、逆に炎症を起こした筋肉の範囲が狭い場合には、少しじっとして休めば動けるくらいの軽症で済むこともあります。

 

そこで、ぎっくり腰の症状について詳しくご説明しましょう。ぎっくり腰で傷めることが多いのは、腰椎の4番、5番という骨の周辺にある筋肉です。そのため、痛みの中心となるのは腰でもやや高い部分、ちょうどおへその反対側に当たる背中部分となります。

 

瞬間的に走った激痛はそのまま腰に留まって、次の瞬間、腰から下に力が入らなくなります。同時に腰が不安定になり、ウエストから上半身の力が抜けていくような感覚がします。その結果、両脚で立っていられないだけでなく、座った状態で上半身を起こしていることも難しくなります。

 

さらに、あまりに激しい痛みと、自分の体を支えられない違和感とショックから、集中力や判断力が失われてしまいます。そのため、ふだんは落ち着きのある年配の男性でも、おいおいと泣き出してしまったり、お母さんお母さんと呼び続けたり、人生そのものを嘆くような言葉が出てしまったりすることもあるようです。

 

なお、太ももの後ろ側から足先に続くようなしびれなど、痛み以外の自覚症状がある場合は、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛など、ただのぎっくり腰ではない配があります。そのような場合には、少し落ち着いた段階で車での移動が可能になり次第、病院へ行って診察を受けるとよいでしょう。

 

⇒ ぎっくり腰には福岡で1カイロプラクティックのトレーニング法